【ポケモン】ホップ×マリィ(ホプマリ) 【二次創作注意】

  • 200

1: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:35:12
オレがポケモンの研究者を目指し始めて、もう5年くらい経つ。
そこそこトレーナーとしては実績を積んだと自負していたが、研究者に求められるのはそれとはまた質の違う知識ばかりで、
勉強を始めた当初は色々苦労した記憶しかない。
それでも、知らない知識を知り、その知識が新たな知識の理解に繋がるととても嬉しく、何よりも楽しかった。
そうやってちょっとずつ勉強をして、同時に自分なりに研究もしていって、
その研究が少しずつ認められるようになってきたのがここ最近のことだ。
上司にして先輩研究者のソニアはガラルの歴史研究においてそれなりの地位を得て、今や大学の講師も兼任している。
昔のソニアが見たらたぶん信じられない!と驚くだろう。
正直俺も未だにソニアが大学で教鞭を振るっている姿が想像できないが。
2: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:35:25
まぁとにかく、お世話になってる先輩が出世してることはとてもめでたいことだ。それは良い。
ただ、ソニアが大学の講師を受けて以降、この研究所は半ばオレ専用となっていた。
慣れない講師の仕事が大変なのに加え、講師として閲覧できる大学の所蔵する色々な資料はソニアにとってとても有難いものらしく、
最近は研究所に顔を出すのは週一といったところだ。
だから、今日もオレは一人でパソコンと資料に向き合いながら自分の一人自分の研究を進めている。
これがひと段落したら、またフィールドワークに出たいんだが……
「ホップ」
キーボードを叩いていると、入口からどこか朴訥とした声が響いてきた。
「マリィ」
入口に立っていたのはスパイクタウンのジムリーダー、マリィ。
一応、俺のトレーナーとしての同期といった存在だ。
「来たのか」
そう言うと、マリィはムッと口を曲げる。
3: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:36:34
「そういう言い方はなか。わざわざ忙しい合間を縫ってスパイクタウンから来てやってるたい。もっと感謝して」
マリィの言う事はもっともだ。今の言い方じゃまるでめんどくさがってるみたいだな。オレは慌てて謝罪の言葉を口にする。
「あ、ああ。ごめん、悪かった」
「そうそう、喜ぶたい。ほら、今日のお弁当」
「また作ってきてくれたのか。いつも悪いな」
「あたしの分作るついで。別に大した手間じゃなか」
「そうは言うが……」
「あーもう。その話はもう何度もしたと。ホップ、あんたあたしがお弁当作ってくるの迷惑なん?」
「そんな事ないっ!」
反射的にそう答えると、マリィはニッコリ……いやニンマリと笑う。
「なら、問題なか。ほら、丁度お昼たい。一緒に食べよ」
そういって、マリィは談話室のテーブルに弁当を広げると、慣れた手つきで紅茶を入れる。
「ほら、さっさと来る。お腹減ったら研究なんて出来ないでしょ」
「ああ、今行く」
今では当たり前となった二人きりの昼食会。どうしてそれが当たり前になったのか、オレはふと記憶を手繰り寄せてみた。
4: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:36:48
・・・・・
一年ほど前、突然マリィが研究所にやってきた。正確に言うと研究所の入口の前に。
その時、オレがマリィと会うのは随分久しぶりというか、多分三年前のファイナルリーグ以来だ。
驚くオレが『どうしたんだ』と尋ねると、マリィは昔と変わらずの無表情で、『ユウリからの依頼で様子を見に来た』と答えた。
その言葉の通り、マリィはオレに『ご飯食べてる?』、『研究は大事だけど体動かすことも大事たい』、『たまにはユウリに顔見せてあげて』、
などとあれこれ聞いたりアドバイスしたりなどして、そのまま研究所に一歩も入らず帰っていった。
その後、オレはマリィに言われた通り食事や運動にも気を使い始めたのだが……ユウリとは会わなかった。
いや、会えなかったと言うべきか。
あいつはチャンピオンとして毎日毎日忙しく働いている。
それがどれだけ大変なのかはアニキの事でよく知っている。

オレもまた研究者として中々に多忙の日々を送っていた。
時にフィールドワークに出て、時に他所の地方の学会に出て、時に研究所でパソコンとにらめっこして、と。

そんな状態のオレたちがまともに休日が合うって事はほぼ無いと言ってよかった。
5: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:37:18
結局、ユウリと会えないままその年のジムチャレンジが始まって、いつの間にか終わっていた。
他人事みたいに聞こえるかもしれないが、実際オレはその年のジムチャレンジには参加してないから仕方がない。
別にトレーナーの道を諦めたわけじゃない。
ただ、まずは研究者としてちゃんと認められなければと思ったからだ。
二足の草鞋を履くにはオレはまだ足りないものが多すぎる。
ならばまずは一つの事に集中してと思ったから。

『今年はジムチャレンジに出ない』
それを電話で伝えた時ユウリは『そっか』と寂しそうに言った。
その一言がどうにも胸に刺さった。

ジムチャレンジには不参加となったが、それでも、チャンピオンの試合だけはちゃんと見ていた。
テレビの向こうで堂々と戦い、華々しく勝利を飾るチャンピオンの姿に感動して、興奮して、
自分が、あの場に立ててない事に、あいつの前に立てなかった事に寂しさを覚えた。
6: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:37:31
それでも、感傷的だったのはその日だけで、次の日からオレは頑張って研究を進めていった。
そんなある日、マリィが再び研究所へとやってきた。
『お昼食べた?』
突然の来訪に呆気に取られていたものの、辛うじて首を横に振る。
マリィは無表情のまま、オレに弁当の入った包みを差し出した。
『なら、これ食べて』
それを受け取ると、オレが何か言う前にマリィはさっさと帰っていった。
包みの中に『ユウリが「ホップ君、私頑張ってるよ。それと……待ってる」って言ってた』と書かれた紙が入っていた。
ユウリが何を待っているのか、言わなくてもわかった。

次の日、弁当箱を受け取りにまたやってきたマリィにオレは『伝言、ありがとうユウリに会ったらオレも頑張ってるぞ。だから……待ってろって伝えて欲しい』と言った。
『わかった』と頷いてそのまま弁当箱を受け取って帰ろうとしたマリィにオレは慌てて『弁当美味しかった!!ありがとう!!』と言った。
マリィは、何も言わず恥ずかしそうに微笑んだ。
7: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:37:50
何日かしたあと、マリィはまたやってきてこう言った。
『一緒にお昼食べない?』
断る理由も無かったのでオレは頷き、談話室へと促した。
4度目の訪問にしてようやくマリィは研究所へと足を踏み入れた。
その後は毎日のようにマリィは研究所にやってきてオレと昼食を食べた。
その間の会話は大体ユウリの近況とオレの近況が主なテーマだった。
だけど、昼食会の回数が増えていくうちにユウリの話題は減っていって、代わりにマリィの話題が増えていった。
『ジムリーダーは大変』だとか、『だけどやりがいがある』、とか、
『アニキ以上に頑張ってスパイクタウンを盛り上げるんだ!』とか。
特に、最後の宣言はオレも力強く頷いて応援した。
マリィはやっぱり恥ずかしそうに笑った。

時折マリィが来ない日があったが、そんな時は必ず電話が来て『今日は仕事で行けない。ごめん』とだけ言って直ぐに切られた。
マリィはジムリーダーなんだから忙しくて当然なのになんで謝るんだろうと思った。
そうやって会ったり会わなかったりを繰り返すうちにいつの間にか一年が経っていた。
8: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:38:14
・・・・・

「……ップ、ホップ!」

気が付くとマリィがオレの顔を訝し気に見つめていた。
まずい、どうやら意識が過去に飛んでいたらしい。
オレは平静を装って聞き返す。

「……ん?なんだ?」
「もう、聞いてなか?」
「すまん、ちょっと研究の事考えてた」
「それじゃあ……しかたなか」
咄嗟に付いた嘘だったが、マリィは納得してくれたみたいだ。
だが嘘を吐いたことと、それをマリィが信じた事で二重の罪悪感に苛まれてしまう。
それを誤魔化すためにオレは前からの疑問を投げかけて見た。
9: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:38:50
「なぁ」
「何?」
「マリィはどうしてオレに弁当を作ってくれるんだ?」
「……迷惑?」
不安そうに首を傾げるマリィにオレは言い含めるように伝える。
「そんな事無い。そんな事ないが……ただ、どうしてなんだって」
「……」
「ユウリに頼まれたのか?」
「………………うん」
「……そうか」
さて、この時オレはどう思ったのだろうか。
嬉しかったのか、悲しかったのか。
前者ならユウリがオレの事を気にかけてくれていたからだ。
ろくに連絡も取らないお隣さんのオレをあいつは今でも心配してくれている。
チャンピオンとして忙しいだろうに。それは、本当に嬉しい事だ。
10: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:39:06
なら、どうして悲しい可能性があるのだろうか。
もしも、マリィがオレのところに来るのにユウリの意志が無かったとしたら、
それはたぶんマリィの意志によるものって事で、なら、それは、つまり―――――
「…………ホップ」
オレの意識がまたどこかへ飛ぼうとしていた時、マリィが呟くような声で呼んだ。
「……なんだ?」
「明日も、来ていい?」
「もちろんだ」
反射のようにそう答えた。
さっきまで何を考えてたのか、何を考えようとしていたのか、もう忘れていた。
11: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:39:18
・・・・・
それからまたしばらく経ったある日、マリィがいつものように研究所に入ってきた瞬間、オレは諸手を上げて叫んだ。
「マリィ聞いてくれ!」
「な、なに?」
驚くマリィ。
オレは気にせず彼女の両手を取る。
「ついに俺の研究が認められたんだ!!オレ、ついに博士になれるんだ!!」

無論その研究はオレだけの力で認められたわけじゃない。ソニアはもちろんマグノリア博士からも多大なサポートを受けてやっとといった具合の物だった。
それでも、論文が認められた事には変わりがない。
オレは、やっとあの日夕焼けが照らすまどろみの森でユウリに宣言した目標に一歩たどり着いたんだ。

「っ……おめでとうホップ!!ほんと、ホント良かったっ……!」
「ああっ!」
12: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:39:32
マリィは瞳を潤ませ、オレの手強く握り返してくる。
オレもそれが嬉しくて更に強くその手を握る。
やっと、やっとオレの夢に届いた。
まだこれで終わりじゃない。むしろ始まりだってわかってる。
それでも、スタートラインに立てたそれが、どうしようもなく嬉しい。
オレのもう一つの夢にまた走りだせることも。

「これなら、来年のジムチャレンジにも参加できるぞ!」
「……え?」
13: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:40:00
あの日、オレはポケモン博士になるとユウリに誓った。
だけど、それはトレーナーを、チャンピオンになる事を諦めたわけじゃない。
もっと勉強して、もっと強くなって、必ずアニキもユウリも超えた最強のチャンピオンになってやる。
そう誓ったんだ。
だけど、オレは不器用だから。どっちも全力で頑張るなんて器用なマネは出来なかった。
だから、まずは博士を目指して、その夢が達成出来たら……今度はチャンピオンになる。
そう決めていた。
「よし、今から特訓しないと……ああでも研究も疎かにしないようにしないと……うーん……ひと段落したと思ったらまたやる事山積みだな……」
研究者を辞めるわけじゃない、むしろもっと力を入れないといけない。
その上でチャンピオンを目指す。
………………これ二足の草鞋じゃないか?
自分の考えが昔とまるで変っていない事に気づいて愕然とするも、今更チャンピオンを目指すのを再延期するなんて気持ちにはなれない。
14: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:40:30
だって、ユウリは今もチャンピオンとして王座を守っている。
今も、オレを待っていてくれる。
「だからオレは絶対に諦めない!!オレは、今度こそユウリに……」
「ホップ」
オレが強い決意を込めて拳を握りしめていると、マリィがそっとオレの名を呼んだ。

「なんだ?」
「ホップってさ、ユウリの事好き?」
「え?」
言葉の意味が一瞬分からなかった。
「ホップってさ、昔っからユウリと一緒だったんでしょ?だから、好きなんかなって」
マリィが聞いてる『好き』の意味を勘違いするほど俺は子供じゃない。
子供じゃないが……彼女の質問に答えられるかというと、
「…………わからん」
オレの回答にマリィは憮然とした表情をする。
15: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:40:53
まずい、とりあえずマリィの気に入る回答じゃ無かったみたいだ。
オレはしどろもどろになりながらあれこれと補足を続ける。
「ああいや、嫌いとかじゃないんだ。好きか嫌いかで言ったら間違いなく好きだ」
そう、好悪で言うなら間違いなく好だ。
昔馴染みだからアイツの性格はよく知っている。

「ただ……そう、だな。オレはずっとあいつのライバルだ。少し立ち止まったけど、やっとまたあいつを追いかけられる。それは、嬉しい。本当に嬉しいぞ」
真面目なようでどこか抜けていて、それでいてポケモンバトルの才能はピカ一で、そんなユウリはオレにとってライバルで、目標で――――憧れだ。
その感情にもしも昔馴染みへの友情や、チャンピオンへの敬意以外のものがあるとしたら。
「……オレは、もしかしたらはユウリの事が――――」
「ホップ、あたし、あたしね」
16: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:41:03
瞬間、マリィが両手でオレの顔を挟み自分へと向けさせる。
突然の事で、オレが何を言おうとしたのか吹っ飛んだ時、
「ホップの事、好いとーよ」
畳みかけるようにマリィの笑顔と、告白が脳へと飛び込んできた。

「ホップの頑張ってる姿が好き、いつだってやる気に溢れてて、目標を達成してもまた別の目標を見つけて走り出すあんたが好き」
マリィの顔は真っ赤で、唇は緊張で震えてて、
「あんたと一緒にいると、あたしももっと頑張りたいって思える。もっと、走りたいって思える。もっと……あんたの事を知りたいって思える」
だけど、絶対にオレから目を逸らさなかった。
17: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:41:16
「だから、あたしと付き合って」
そう言い切って、オレを解放する。
でも、その瞳は答えを聞くまで絶対に逃がさないとオレを貫いている。
それだけの覚悟を込めた告白だ。
どんな結果になろうと、オレはちゃんと応えないといけない。
大きく息を吸う。
マリィを見つめ返す。
そして、
「…………ぉう」
油の切れたロボットのようにぎこちなく、小さく頷いた。

その日の晩、もっと気の利いた返事が出来ただろっ!?と、ベッドの上をのたうち回る事になった。
19: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:42:22
むっホプマリキテ…思ったより長いぞこれ!?
20: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:42:35
長いです
たぶん後4,5回スレ立てます
お盆のうちには終わらせるんで
また明日もスレ立てるんでよろしくお願いします

人死には出ないので安心してください
33: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:49:07
抱けー!抱くペコー!
>>20
わーい楽しみ!
不穏すぎるわ!
21: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:42:42
思わぬ大作がお出しされた…
23: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:44:13
いい…
いいけどまた敗北してる…
24: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:44:21
あらあら超大作ね
26: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:44:29
大作すぎる…
27: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:44:44
笑顔の練習してるマリィを初対面で自然に笑わせた男だからな…
28: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:44:55
分かっておったろうにのう
いかに鎧があったところでユウリから歩み寄らねば結ばれることはない
29: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:44:58
じっくり読ませてもらう…
30: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:44:59
まっとうな2次創作だこれ!
31: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:45:49
気ぶれる予感がするわね…
32: 名無しのあにまんch 2020/08/12(水) 23:47:49
抱けー!抱くのよー!
34: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 00:03:06
かーっ!見んねマリィ!
卑しかあたしたい!
35: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 00:04:21
モルペコは空気を読んでボールに入ってます
36: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 00:08:35
突然オーセンティックなホプマリがやってきてこれは…
まだまだ活気がありすぎる…

2: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:38:03
・・・・・
ある日のエキシビジョンマッチ後、あたしはユウリに部屋に来ないかと誘われた。
『ナンパ?』って茶化したらユウリは顔を真っ赤にして『そういうんじゃないからっ!!』と叫んだ。
その姿を見てあたしはけらけらと笑い、不貞腐れるユウリを促して彼女の部屋へと向かって行った。

・・・・・
「どうぞどうぞー」
そう言ってユウリはあたしを部屋に招き入れる。
「あいっかわらず贅沢な部屋ばい……」
シュートシティで一番デカいホテルロンド・ロゼ。
ガラルの誇る三ツ星として有名なこのホテルの一室がシュートシティにおけるユウリの拠点だった。
あたしもここを利用した事があるが、それはあくまで委員会が部屋を用意してくれる時だけ。
彼女のようにプライベートも含めて利用するような事出来やしない。
3: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:38:17
そういうところでもあたしとユウリの格差を実感してしまう。
そんな劣等感が沸き上がりかけ、あたしは慌ててそれを抑え込む。
そう、ユウリはチャンピオンであたしはジムリーダー。
差があって当然で、それをひっくり返すためにあたしたちは日夜努力しているんだ。
「マリィちゃんどうしたの?」
そうやって自分を奮い立たせているうちに、ユウリはテーブルにお菓子と紅茶を用意していた。
あたしは『なんでもなか』と首を振り、彼女の向かいの席に座った。
とりあえずともそもそとクッキーを齧っていると、ユウリは何やらもじもじとしている。
何の用?と催促してもいいのだが、まぁここはユウリが落ち着いて話せるまで待ってあげようと思う。
そうやってあたしが3枚目のクッキーに手を伸ばした時、ユウリがぽつりと話し出した。
「あの、さ。マリィちゃん。ちょっとお願いがあるんだけどさ」
「何?」
「その……ホップ君の様子を見て来てもらいたいの」
4: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:38:32
そう言われた途端、あたしは顔面で『めんどくさい』を表現した。
「……自分で行けばよか」
「そう、なんだけど。その通りなんだけどさ」
ユウリはきょろきょろと視線を揺蕩わせ落ち着きがない。
「私、もう何か月もホップ君と会ってないしさ、いきなり行ったらその……なんか、ね?」
「あたしだってホップと長いこと会ってなか」
最後に会ったのは一昨年のファイナルリーグだろうか。
その時だって別にガッツリと会話したわけじゃなく、『久しぶり』とか『勝つのはあたしたい!』みたいななんて事ない会話しかした記憶がない。
というかユウリは一応年末年始には実家に戻ってホップにも会っているはずなのに。
「そう、なんだけど……でも、なんていうか、さ?私はその……」
「つまり、『大好きなホップ君に長いこと会えてなくて寂しいけどだからっていきなり会いに行っても緊張して何言いだすかわからない』って事ね」
「以心伝心なのは嬉しいけどそうハッキリ言われると私情けなさ過ぎる……」
「実際情けないんだから問題なか」
5: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:38:44
こんな情けなく落ち込み項垂れるチャンピオンの姿はファンに見せられないたい……
あたしはため息を吐いて、さてどうしようかと思案する。
ユウリの頼みはぶっちゃけ断りたいというのが本音だ。
何が悲しくて友人の代理として碌に交流がない男に会いに行かなきゃいけないんだ。それも、友人の惚れてる男に。
というかそんなんホップも困るだろう。なのであたしとしては全力で断りたいとこなのだが……
「うう……ホップ君……」
テーブルに突っ伏してさめざめと泣く親友の姿を見ているとどうも何とかしてあげたいと思ってしまう。
というか泣くほど会いたいなら素直に会いに行けばいいのに……
そう思うものの、理屈で動けないのが恋する乙女心なのかなと思いあたしは再び大きなため息を吐いた。
「………………ちょっと会ってホップの近況聞いてくればよか?」
「やってくれるのっ!?」
「いつまでもチャンピオンにめそめそされてたらこっちが困るたい」
「ありがとうっ!!流石私の親友!!」
「調子よか……」
あたしの両手をがっしりと握りブンブンと振り回すチャンピオンの姿に、あたしは本日3回目の溜息を吐く羽目になった。
6: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:39:03
・・・・・
翌日、あたしはブラッシータウンの研究所の前で立ち尽くしていた。
「…………一体何を言えばいいの?」
昨日はユウリのテンションに圧されて了承してしまったが、改めて考えるとあたしがこれからする事はだいぶ不自然というか突然だと思う。
2年間も碌に会ってなかった女がいきなり自分の職場に尋ねて来て近況を聞いてくるというのは相手からすると中々の恐怖じゃなかろうか。
そんな思いが浮かんで踵を返しそうになる足を必死に抑えて、だからと言って踏み出せないままあたしはじっと研究所の扉の前で突っ立っていた。
「……どうしよ」
「何がだ?」
驚きのあまり声が出そうになるのを表情筋で無理やり押しとどめる。
いつの間にか目の前にホップがいた。
「えっと……マリィだよな?どうしたんだこんなところで」
二年ぶりに会ったホップは前よりも背が伸びて、髪が伸びて、少し……やつれていた。
「…………久しぶり」
「お、おう」
7: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:39:15
あたしはカチカチの表情筋をほぐせないまま、とりあえずユウリに頼まれてホップに会いに来たと伝えた。
でも、その後何を聞けばいいのかわからなくなった。
あたしが頑なに無言を貫くからか、ホップは困ったように笑いかけてくる。
まずい、このままでは只の変質者でしかない。
あたしはキョロキョロと視線を彷徨わせ、何か会話の糸口は無いかと探す。
その時、入り口から見える彼のものと思われるデスクにカップ麺の容器が置いてあるのが見えた。
「……ご飯、ちゃんと食べてるの?」
「お……おう」
明らかな嘘だった。
そっからはもう流れだった。
『研究職だからってデスクワークばっかじゃ体が鈍るからちゃんと運動しろ』とか、『まずちゃんと寝ろ』とか、随分口うるさい事を言ったと思う。
それで一通り説教した後、付け加えるように『たまにはユウリに顔見せてあげて』と言った。
ホップは少し考え込んで『……ああ』と答えた。
本当にわかっているのかこの男は。と、少し不安になった。
8: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:39:26
・・・・・
「ホップ、元気だったよ。ユウリに会いたいなぁって言ってた」
そう伝えるとユウリは嬉しそうに微笑んで、『……そっかぁ。ホップ君、私に会いたいんだぁ』と、気恥ずかしそうに髪をいじっていた。
あたしは、『せめて電話ぐらいはしてあげれば?』と言った。
ユウリは『そうだね!』と勢いよく言って、早速ホップへと電話をかけた。
ホップはちゃんと電話に出たのだろう、ユウリは嬉しそうにあれこれと近況を話している。
その後ろ姿をあたしは微笑ましい気持ちで眺めていた。
『ユウリに会いたいなぁって言ってた』
嘘を吐いた。
ホップは元気だったけど、あたしのお願いにホップは曖昧に答えただけで、ユウリに会いたいとは言ってなかった。
だけど、そう伝えればユウリは喜ぶだろうし、ホップだってきっとユウリに会いたいと思っていただろうから。
現にユウリは喜んだし、電話の向こうのホップもきっと喜んでいる。
なら、何も問題はないはず。
だけど、少しだけ……胸が痛んだ。
9: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:39:37
・・・・・
「とりあえず、今年もチャンピオン防衛おめでとう」
「ありがとう」
そう言ってあたしたちはグラスを合わせる。
もっとも、注がれているのはジュースだが。
恰好ぐらい付けても良かたい。
だって今日は、無事ユウリがチャンピオンの玉座を防衛したのだから。
あたしたちはレストランの料理に舌鼓を打ちながら今日の試合の事、今後の事、色々話していった。
そうやって話題を一つ一つ消費していくうちに、あたしはあの話題を口にしていた。
「それで?いい加減ホップには会えた?」
ユウリは無言で返事をする。それはつまり会えてない……いや、会ってないという事だ。
「ホントは明日実家に帰れるはずだったんだけどね……」
あたしが呆れているのに気づいたのだろう、ユウリの言葉はどこか言い訳のようだった。
「遠征……っていうのかな?」
突然のことに驚くあたしに、ユウリはグラスをゆらゆらと弄びながら答える。
10: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:39:48
「ちょっとね、他所の地方に行く事になったんだ」
チャンピオンの遠征自体はそんな珍しいことじゃない。
何といってもチャンピオンとはその地方の代表なのだ。
ならば必然的に他所の地方の代表との交流も発生してくる。
だから、あたしが驚いたのはそこじゃなくて、
「随分急じゃなか?」
「実際急に決まったからね。その地方のチャンピオンとのエキシビジョンマッチなんだって」
前委員長の事もあってか、今の委員会は色々とイメージ回復に必死らしい。
もしかしたらダンデさんの時よりも今のチャンピオンは忙しいのかもしれない。
「……いつ帰ってこれるん?」
「しばらくは無理……かな」
「……なら、こんなとこいないでさっさとホップに会いにいかないと」
「…………今回は、いいや」
ユウリの言葉にあたしは諦めのようなものを感じた。
11: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:39:59
次の瞬間、あたしは勢いのまま立ち上がって、ユウリを睨みつけていた。
「何が?何がよかと?あんた、ホップの事好きなんでしょ!?ならっ!?」
そこまで言って、ここがレストランだったという事を思い出し、慌てて座り直す。
突然叫んだあたしに目を丸くしていたユウリは、グラスを呷ると決意を込めた瞳をあたしに向ける。
「……マリィちゃん、私ね。帰ってきたらホップ君に好きって伝える」
瞬間、あたしは何を言えばいいかわからなかった。
何かを言おうとしたのに、喉がまともに動かなかった。
「委員会の人とね交渉して、この遠征が終わったらしばらくお休みもらえる事になったんだ。そうしたらホップ君とちゃんと会って、話して、色々考えられる」
「……そう」
今度こそ、ユウリはあたしに返事を求めた。
あたしは、何を言えばいいのだろう。
あたしは、何を言いたいのだろう。
「…………頑張って。あたし、応援してるたい!」
それがわからないまま、あたしは笑顔で親友を応援する言葉を吐いた。
12: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:40:09
・・・・・

そして、次の日の朝一の飛行機に乗って、ユウリはあたしの知らない地方へと飛んで行った。
親友でありライバルが旅立った事に一抹の寂しさを覚えたものの、だからといって、別にあたしのすることが変わるわけじゃない。
いつものようにジムリーダーとしてやるべきことをやって、ちゃんと、もっと強くなれるよう努力して。
そうだ。あたしに遊んでいる暇なんてない。
頑張って、それで―――――――

『……ご飯、ちゃんと食べてるの?』
『お……おう』

脳裏に浮かんだのは、あの日の光景。
そして―――――お弁当。
「…………別に、他意はないから」
誰もいないのに、あたしは言い訳するようにそう呟いた。
13: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:40:21
・・・・・
たぶんそれは、気の迷いだったんだろう。
なんとなく、あいつがカップ麺ばっか食べてるような気がして。
一回ぐらいまともな食事をさせてやらないと、なんて義務感からのもので。
だけど、味はもちろんバランスとか彩りとかそういうの色々考えて、
結果、あたしの目の前には立派なお弁当が完成していた。
達成感はある。これほど頑張ってお弁当を作った事なんて無い。
たぶんアニキに作ったやつの10倍は頑張った。
だというのに、それなりの苦戦の果てに完成したお弁当の前であたしはうんうんと唸っていた。
「なんて言って渡せばよかと……」
久しぶりに顔を出したと思ったらお弁当を押し付けてくる女。
……不審者たい。
14: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:40:33
なにか、ホップが納得する理由がなきゃダメだ。
あたしは、あれこれ考えた末、便箋を取り出した。
そこに『ユウリが「ホップ君、私頑張ってるよ。それと……待ってる」って言ってた』と書き、お弁当箱に添えた。
……あたしは、大ウソつきたい。
わかっているのに、それを止めない自分に吐き気を覚えた。

・・・・・
久しぶりに会ったホップはやっぱりやつれ気味で、目元にうっすらとクマが浮かんでいた。
一度来たきり、連絡も何もなかったあたしが再び現れた事にホップは驚いているみたいだ。
まぁ気味悪がられないだけ良しと考えよう。
「お昼食べた?」
そう尋ねると、ホップはぎこちなく首を横に振った。
「なら、これ食べて」
押し付けるようにお弁当の入った包みを渡し、逃げるように研究所から立ち去った。
そして家に帰ってから、お弁当箱を回収しにまた行かなければいけない事に気づき、どうしようかと頭を抱えた。
15: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:40:46
・・・・・
次の日、あたしはとぼとぼと研究所へと向かっていた。
不審者の如くいきなりお弁当を押し付け、何も言わず去っていったあたしをホップがどう思ったのか、知りたくないし聞きたくない。
それでも、足は勝手に研究所へと向かってしまう。
一体どうしてなのか。あたしは、あたしの感情がよくわからない。
そんな風に悶々としていると、研究所の前でホップが立っていた。
「マリィ」
ホップはあたしを見つけると、トコトコと駆け寄ってくる。
「なんで……」
「ん?なんか、そろそろマリィが来そうな気がしたんだ」
「……何それ」
「……わからん」
そう言って首を傾げるホップに、あたしは一瞬笑いそうになってしまう。
だけど、それをまた必死で我慢する。
そんなあたしの様子に気づかないまま、ホップはあたしに微笑みかける。
16: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:40:58
「伝言、ありがとう。ユウリに会ったらオレも頑張ってるぞ。だから……待ってろって伝えて欲しい」
その言葉を聞いた瞬間、あたしは自分がとんでもないことをしたと今更ながら実感した。
ユウリの言葉を偽って、ホップにユウリへの想いを口にさせた。
だけど、ユウリはそんな事知らなくて、あたしは、あたしは―――――
「……わかった」
また、嘘を吐いた。あたしは、あたしが嘘つきだと、ホップに言いたくなかった。
そして一刻も早くここから逃げ出したくて、ホップに背を向け歩き出す。
「マリィ!!」
背中にかかるホップの声。振り向きたくない、このまま走り去ってしまいたい。
だけど、あたしの体は勝手に彼へと振り返ってしまう。
「弁当美味しかった!!ありがとう!!」
眩い笑顔で、ホップはあたしにそう言った。
あたしは何と返事をすればいいのかわからなくて、なのにあたしは笑顔が堪えきれなかった。
17: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:41:09
・・・・・
家に帰ったあたしは、ベッドから動けなくなっていた。
何もしたくない。何も考えたくない。
ただそれだけだった。
ユウリになんて言えばいいのか。
ホップになんて言えばいいのか。
わからないまま、悩みと罪悪感がぐるぐると脳内を駆け巡る。
こんな事なら、最初っからユウリの頼みなんか受けるんじゃなかった。
ただでさえジムリーダーとして色々考える立場なのに、なんでこんな事になってしまったんだ。
18: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:41:19
苛立ち紛れに枕を壁に投げつける。
なんでお弁当なんか作ろうと思ったんだ。
なんで、嘘をついてまで彼に会おうとしたんだ。
もういい、これで終わり。もうホップとは会わない。
ホップだって、別にあたしと会わなくたってなんの問題も無い。
それでいい。
こんな気持ち抱えるぐらいなら、もう会わない方がいい。
「…………………………だけど」
だけど、
だけど、

『弁当美味しかった!!ありがとう!!』

嬉しかった。
19: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:41:29
・・・・・
数日後、あたしはまた研究所へとやってきた。
片手にはこの間と同じようにホップのお弁当を。
もう片方の手には、あたしのお弁当を持って。

ホップは今更驚いた様子は無い。
それがなんだか嬉しくて、ホップにとって、あたしは異物じゃないんだってわかって。
胸の内が少し、晴れた気がした。
「一緒にお昼食べない?」
「ああ、いいぞ」

初めて研究所に入った時、意外と広いなとか、結構綺麗だな、とかよりも。

ごめん、ユウリ。って思った。
20: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:42:15
昨日も長かった
明日もきっと長いよ…

明日もまたスレ立てます
21: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:44:00
力作ありがたい…
23: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:45:25
うおお…いい…いいぞ…
24: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:45:40
むっ友情と恋心の狭間いいねぇ…
25: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:45:55
その…三人全員が笑顔になれるハッピーエンドはあるんです…?
26: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:46:57
死人は出ないらしいからたぶん大丈夫だ…?
27: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:47:18
>>26
むしろ不穏だわ!
28: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:47:45
「スパイクジムリーダー お堅い研究員との交際発覚」
みたいなことになるのだろうか
30: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:47:57
死人は出ませんし乙女の恋は成就します
33: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:49:41
>>30
すみません同じ男に恋する乙女が二人いるようなのですが
32: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:49:14
どっちのだ
どっちの乙女だ
34: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:51:57
かー!卑しかーっ!
ってあたしばいっ!?
35: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:53:06
そうなったホップは選ばないなんて選択肢取らない奴から
おつらい…
38: 名無しのあにまんch 2020/08/13(木) 23:57:25
でもこれはユウリが悪いよ…
39: 名無しのあにまんch 2020/08/14(金) 00:01:46
誰が悪いかでいえばそうなるけどこれは誰かが悪いわけじゃないんだ…自然とそうなっただけなんだ…
40: 名無しのあにまんch 2020/08/14(金) 00:04:41
ユウリ視点が来たらまた掌が返るかもしれない…
42: 名無しのあにまんch 2020/08/14(金) 00:05:59
流石悪タイプのジムリーダー…
なんてワルなんだ…
43: 名無しのあにまんch 2020/08/14(金) 00:06:01
ホプマリ初めて見たけどいいね…
44: 名無しのあにまんch 2020/08/14(金) 00:18:11
昨日からずっと待ってた
超大作だけど誰も幸せになれなさそうでお辛い…
45: 名無しのあにまんch 2020/08/14(金) 00:23:46
この怪文書を読むために1年ぶりにあの世から帰ってきた

2: 名無しのあにまんch 2020/08/14(金) 23:56:27
・・・・・
いつの間にか、初めて研究所に行ってから1年が過ぎていた。
あたしは今日もホップと一緒にお昼ご飯を食べている。
「やっぱりジムリーダーって大変なのか?」
「そりゃあもちろん。大変じゃない事なんてなか」
「やっぱりなぁ。でも、それでもちゃんとジムリーダーとして頑張ってるんだ。流石だな、マリィ」
「ふふっ、ホップがそう言ってくれるなら……うれしい」

最初の頃は自分の事なんて全然話さなかった。
ホップがユウリの事をよく聞いてきたから、あたしもそれに合わせていた。
共通の友人で、何よりもあたしたちが目指すチャンピオンだから。
だけど、いつの間にかユウリを話題にすることはなくなっていた。
それはたぶん、あたしがユウリの事を話さなくなったから。
3: 名無しのあにまんch 2020/08/14(金) 23:56:39
ホップがユウリの事を聞く前に、あたしが別の話題を話し出すようにしたから。
だって、ユウリの事を話す時のホップはどこか寂しそうで、だけど嬉しそうで。
彼の話すなんて事ない思い出が、あたしの知らないユウリを教えてくれて、
きっとユウリも、あたしの知らないホップを知ってるんだなってわかってしまって。

ホップは、あたしの事全然知らないんだろうなって気づいてしまって。

今、あたしたちの話題はホップの事か、あたしの事。
ジムリーダーは大変だとか。ポケモンを育てるとき何を考えているか。
ホップはポケモン博士を目指しているから、あたしなりの育成論みたいなのを話すと興味深そうに聞いてくれる。
ホップが話すポケモンの色んなあれこれは、悪タイプのポケモンばかり育ててるあたしにとって新鮮で、勉強になる。
そうやって彼との会話に熱中していると―――――罪悪感を忘れていられた。
4: 名無しのあにまんch 2020/08/14(金) 23:56:50
・・・・・

「マリィはどうしてオレに弁当を作ってくれるんだ?」
そう尋ねられた時、心臓が止まるかと思った。
「……迷惑?」
卑怯な答えだ。そんな事言われて頷く人じゃないって知っているのに。
案の定、ホップは直ぐにあたしの言葉を否定する。
「そんな事ない。そんな事ないが……ただ、どうしてなんだって」
碌に会ってなかった女が急にお弁当を作ってきた。疑問に思って当然だ。
そして、その理由を考えた時一番正解に近いと思う理由は一つだろう。
「ユウリに頼まれたのか?」
「………………うん」
「……そうか」
5: 名無しのあにまんch 2020/08/14(金) 23:57:00
嘘だ。
ユウリはそんな事言ってない。もう、あたしにホップの様子を見てくれなんて頼んでない。
お弁当はあたしが勝手に作ったものだ。
それを渡す理由を、あたしは嘘で作った。
そして今また、嘘で嘘を塗り固めた。

あたしは……大ウソつきだ。

ホップに嘘をついてる。
ユウリに嘘をついてる。
あたしに、嘘をついてる。
6: 名無しのあにまんch 2020/08/14(金) 23:57:13
自分がユウリを裏切っていることに気づいているのに、気づいてない振りをしている。
自分の想いに気づいているのに、気づいてない振りをしている。
だって、あたしはユウリの親友だから。
ユウリは、ホップの事が好きだから。
ホップは……ユウリの事が好きだから。
だって、気づいちゃったから。
一緒にお昼ご飯を食べて、ユウリの事をあれこれ話していて、ホップはあたしと話しているのに、時折あたしではない誰かを見ていた。
寂しそうな瞳でここにいない『ユウリ』を見ていた。
それに気づいた瞬間、胸が抉られるような痛みを覚えた。
7: 名無しのあにまんch 2020/08/14(金) 23:57:36
「…………ホップ」
「……なんだ?」
だからあたしは、
「明日も、来てよか?」
「もちろんだ」

今日も親友を裏切っている。
8: 名無しのあにまんch 2020/08/14(金) 23:58:09
・・・・・
こんな事もうやめよう。今更過ぎる決意を固めたきっかけは、一通のメールが来たからだった。
送ってきたのはあたしの親友にして遠征中のチャンピオン、ユウリ。
内容は……『もうすぐ帰れそう!』。
……終わりの時が来たんだ。
勝手に間借りしていた彼女の居場所を返す時が来たんだ。
だからもう、ホップとは会わない。
あたしのしてきた事を知ったらきっとユウリは傷つく。
あたしがどうしてそんな事をしてたのか考えて、答えに気づいてしまう。
そうなったら、もうユウリと親友でいられない。
そんなの、嫌だ。
チャンピオンでも、ライバルでも、あたしはユウリと友達でいたい。
一緒にご飯食べたり、買い物したり、愚痴ったり、思った事を気兼ねなく話せる。
そんな関係でいたい。
だから――――ホップと会うのは今日で最後にしよう。
9: 名無しのあにまんch 2020/08/14(金) 23:58:26
・・・・・
決意を固め、研究所へとやってきたあたしを迎えたのは輝くような笑顔のホップだった。
「マリィ聞いてくれ!」
「な、なに?」
ホップは駆け寄ってきて、あたしの両手を強く握る。
いつもより高い彼の体温があたしの中に流れ込んで、こちらの体温も上がっていく。
動揺するあたしに対して、ホップは感無量と言った様子だ。
「ついにオレの研究が認められたんだ!!オレ、ついに博士になれるんだ!!」
その瞬間、あたしもホップと同じ気持ちになった。
目元が熱くなり、涙さえ浮かんでくる。
「っ……おめでとうホップ!!ほんと、ホント良かったっ……!」
「ああっ!」
たった1年ぐらいだけど、あたしはホップが頑張ってきた事を知っている。
食事さえ疎かにして、研究に没頭してたのを知っている。
10: 名無しのあにまんch 2020/08/14(金) 23:58:38
そんな彼の努力が認められた。
彼の夢が叶った。
それが嬉しくて、嬉しくて。
「これなら、来年のジムチャレンジにも参加できるぞ!」
「……え?」
なのに、その言葉を聞いた瞬間、スッと頭から熱が引いた。
「よし、今から特訓しないと……ああでも研究も疎かにしないようにしないと……うーん……ひと段落したと思ったらまたやる事山積みだな……」
ホップは楽しそうに今後の展望を呟く。
きっと、あたしがどんな表情をしているのか見えていないんだろう。
ああそうだ、そうだった。
ホップは、諦めてなかったんだ。
11: 名無しのあにまんch 2020/08/14(金) 23:58:52
『ユウリに会ったらオレも頑張ってるぞ。だから……待ってろって伝えて欲しい』

今も、ユウリを追いかけているんだ。
ユウリの事が、好きなんだ。
あたしはそれを応援すればいい。
そしていつか、そう遠くない未来。
彼と彼女が結ばれるのを信じて、祝福すればいい。
それがあたしにとって一番幸せな事で、あたしにとって何よりも大事な友情を守る事で、それが――――――
「だからオレは絶対に諦めない!!オレは、今度こそユウリに……」

―――――そんなの、嫌だ。
12: 名無しのあにまんch 2020/08/14(金) 23:59:11
「ホップ」
「なんだ?」
「ホップってさ、ユウリの事好き?」
「え?」
唐突な質問にホップは呆気にとられた様子だ。
「ホップってさ、昔っからユウリと一緒だったんでしょ?だから、好きなんかなって」
「…………わからん」
曖昧な返答。
それを聞いたあたしが不機嫌になったとでも思ったのか、ホップは慌てて続ける。
「ああいや、嫌いとかじゃないんだ。好きか嫌いかで言ったら間違いなく好きだ」
そうだろう、ホップがユウリを嫌いなんて事あり得ない。
嫌いな人を何年も追いかけたりしないだろう。
会う事が少なくなっても、それでもお互いの事を心配してたのは想い合ってるからに決まっているだろう。
「ただ……そう、だな。オレはずっとあいつのライバルだ。少し立ち止まったけど、やっとまたあいつを追いかけられる。それは、嬉しい。本当に嬉しいぞ」
ただ、ホップは気づいていないだけなんだ。
13: 名無しのあにまんch 2020/08/14(金) 23:59:28
自分がユウリをどう思っているのか。
近すぎて、遠すぎるから。
だけど、その距離はきっとたった一言で縮まる距離で、ユウリはやっとその距離を縮める決意をした。
そしてホップも今、自分がユウリをどう思っているのか気づこうとしている。
このままならきっと、二人は結ばれる。
「……オレは、もしかしたらはユウリの事が――――」
あたしは、そんなの嫌だ。
「ホップ、あたし、あたしね」
ダメ。ダメだ。そんな事、言っちゃいけない。
頭の上っ面にそんな言葉が響く。
あたしがしようとしている事はただの横やりだ。
ユウリの信頼を、友情を裏切る最悪の行為だ。
………………だから?
14: 名無しのあにまんch 2020/08/14(金) 23:59:43
意思が纏まらない、止めたいのに止められない。
止めたくないから止められない。
口が勝手に動く。
何もかもぶち壊すために。
あたしの意志を無視して、あたしの本心に従って。
そして、
「ホップの事、好いとーよ」

何かが砕け散る音が、頭の中に響いた。
15: 名無しのあにまんch 2020/08/14(金) 23:59:55
「ホップの頑張ってる姿が好き、いつだってやる気に溢れてて、目標を達成してもまた別の目標を見つけて走り出すあんたが好き」
好き、ずっと好きだった。
数年ぶりに会って、少し大人になったホップを見て、あたしは胸が高鳴った。
ユウリのためだって思ってたのに、いつの間にかあたしがホップに会いたくなっていた。
彼の元へ行く理由を、嘘で作ってでも。
「あんたと一緒にいると、あたしももっと頑張りたいって思える。もっと、走りたいって思える。もっと……あんたの事を知りたいって思える」
唇が震える。
きっと、顔は真っ赤になっている。
だけど、絶対に目は逸らさない。
彼の金色の瞳から、絶対に目を離さない。
だって、あたしは…………ホップが好きだから。
罪悪感なんてもう、塗り潰されていた。
「だから、あたしと付き合って」
16: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 00:00:18
・・・・・
研究所に静けさが戻る。
あたしはただ、待っている。
ホップの答えを。
それは、どこか判決を待つ罪人のような気持ちだった。
一秒がその何十倍にも長く感じる。
心臓の早鐘は鳴りやむ気配がない。
早く答えて欲しいと思うと同時に、答えなんて聞きたくないと逃げ出したくなる。
そのせめぎ合いに心が悲鳴を上げ始めた時、
「…………ぉう」
ホップが、ぎこちなく頷いた。
その瞬間の気持ちを表現するには、あたしの知っている言葉じゃ足りない。
代わりに、瞳から涙がこぼれた。
17: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 00:00:31
怖かった。
もしも断られたらって。そうなったらもう、あたしはホップのそばにも、ユウリのそばにもいられないって。
今はもう、そんな気持ちは消し飛んでいる。
だって、ホップは頷いてくれたから。
「ホップ……」
「な、なんだ?ていうかその……泣いて、」
ぎゅっとホップに抱き着く。
彼の体がビクリと跳ねるのを感じた。
構わず強く抱きしめる。
何も言わず、じっと彼の体温を感じる。
あたしは、幸せだった。
20: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 00:03:36
最近の生きがい助かる
21: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 00:07:46
みんな幸せになれ…
24: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 00:14:35
読み応えあるな
25: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 00:16:12
チャンピオンは幸せになれるのかなこれ…
26: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 00:16:58
女の友情は儚か
27: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 00:21:41
死なないけど生きた屍になりかねない
31: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 00:32:44
永続キョダイゴクエンはやめてくれんか…
33: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 00:35:49
「」ウリ視点からすると信頼していた親友に昔から好きだった幼なじみをNTRされて…
これはおつらい…
35: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 00:39:32
チャンピオンになって得たものは義務と裏切りだ
どうだすごいだろう
しかも裏切ったのは親友だ
どうだすごいだろう
36: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 00:43:08
>>35
こんな惨めな栄光ってある?
38: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 00:54:14
>>36
私は誰より強いんだが口癖になるチャンピオン…

2: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:30:06
・・・・・
ホップと結ばれた。
そんな幸せに浸れたのはほんの数日だけだった。
幸せな気分で朝目覚めて、幸せな気分で夜眠りについて、
ある日の朝、罪悪感があたしの心を飲み込んだ。
「ちゃんと、ユウリに謝らないと……」
ベッドの上でそう呟く。

親友の想い人を奪うという大罪。
どれだけ言い訳しようともあたしはユウリを裏切った。
謝ったって償えない。
もしも償う方法があるとすればそれは――――ホップを諦める事。
3: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:30:21
だけどもう、あたしにその選択することは出来ない。
あの日、ホップと想いが結ばれた時本当に嬉しかった。
世界の色が変わって見えた。
握った手を一生離したくないって思った。

もうすぐユウリが帰ってくる。
その時ちゃんと謝ろう。
あたしのした事を包み隠さず話そう。
ユウリは怒るだろう、あたしを罵倒するかもしれない。
でも、それは当然のことだ。
ユウリはあたしを信頼してくれたのにあたしはその信頼を裏切った。
だから、仕方がない。
たとえ絶交されるとしてもそれは自業自得なのだから。

……そう自分に言い含めても、これから先の事を考えると心がズシリと重くなるのを避けられなかった。
4: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:30:32
・・・・・
あたしが重い決意を固めた日の正午。
いつも通り研究所に向かうと、入り口でホップが突っ立っていた。
「マリィ、その……ちょっといいか?」
「何?」
ホップはどこか落ち着きがなくて、どうしたのだろうとあたしも首を傾げる。
「あれだ、この間のその……お前の告白なんだが」
そこまで言われて『もしかして』と思った。
気の迷いだったとか、やっぱりやめようとか。そういうことを言われるのではと。
不安が足元に纏わりつく感覚がした。
でも、すぐにそれは杞憂だとわかった。
「オレ、ちゃんと返事できなかった。もっとその……しっかりと返事をしたい」
ホップは恥ずかしそうに頭をかく。
でもすぐにその金色の瞳が真っ直ぐあたしを見つめる。
5: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:30:46
「マリィ、オレが博士になれたのもお前が色々サポートしてくれたからだ」
そんな事ない。
そう言おうとすると、ホップがそれを押しとどめる。
とりあえず聞いてくれ。って事か。
「お前だってジムリーダーで忙しいだろうに、それでもオレに色々してくれたこと。本当に……感謝してる」
そんなの、あたしが勝手にしたことなのに。
むしろいきなり押しかけてきたあたしを受け入れてくれた事を感謝しているのに。
「博士になれたからってオレが駆け出し研究者なのは変わりない。だから、まだまだ至らぬところはあると思う。きっと、またお前に迷惑をかけると思う」
迷惑なんかじゃない。
ホップがあたしを頼ってくれるなら、それはとっても嬉しいことなんだから。
「でも……それでも、オレはお前と一緒にいたい。オレは……マリィの事が好きだ」
『好きだ』。そうハッキリ言ってもらえることがこんなに嬉しいだなんて思わなかった。
宙に浮くような多幸感。
世界中の恋人たちが飽きずに愛を囁く理由がようやくわかった気がした。
6: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:31:15
「だから……これからもその……よろしく、お願いします」
「……ん。よろしく」
「……なんかあっさりだな」
そんな事言われたって困る。
あたしは別に話すのが得意ってわけじゃないのだから。
それに、
「だって、あたしはもうホップに好きって言ったし。ホップはもうあたしと付き合うって決めてたし」
「まぁ……そうだな」
「……でも、嬉しか。ちゃんと好きって言ってくれて」
告白を受け入れてくれた時とはまた違う。
じんわりと、胸の奥から温かくなっていく。
笑顔が苦手なあたしが、思わず微笑んでしまうぐらい心地よい感覚。
「うん……うん。本当に嬉しか。嬉しかばい」
なるほど、これも幸せって感覚なんだと。
あたしは理解できた。
7: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:31:29
「……そうだ」
そしてこの感覚をもっと味わいたいと思った時、あたしの脳内にある方法が思い浮かんだ。
「ホップはあっさりなのが不満と?」
「い、いや不満とかじゃ……」
「なら、さ……キス、して」
「っ……」

キス。口づけ。接吻。
愛し合う者同士がその愛を伝える方法として最も有名なもの。
あるいは恋人として一歩進む儀式。
恋人になってすぐのあたしたちがするにはまだ早いかもしれないけど、別に良いと思う。
だって、あたしは今こんなにもホップとキスしたいのだから。
8: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:31:41
「嫌?」
「そうじゃないけど……いきなりだな」
「あたしが告ったのもいきなりだったと」
「……そう、だったな」
「だから、ほら」
「………………おう」
あたしの肩を掴み、ホップが大きく深呼吸する。
きっとホップから見たらあたしは落ち着いているんだろうな。
……そんな事無いのに
心臓の早鐘はもっと騒ぎ立てる。
頬の紅潮が止まらない。
だけど、楽しみでしょうがない。
あたしは、こんなにも『女の子』だったんだと、ようやく実感する。
「………………いくぞ」
「うん、いつでも来い」
9: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:32:12
初めて触れた彼の唇は、思っていたよりもずっと温かくて、震えていて。
それはきっと、あたしもなんだろうなって。ぼんやりと思った。
そして、今はこの温かさをもっと感じていたい。
もっと、温かくなりたい。
そう思ったから、
「……ホップ、今日ってソニアさん来るん?」
「い、いや」
……アニキには絶対に言えなか。
この秘密は墓までもっていくけん。
そう、ひそかに決意して。
「なら、今日は長居するけん」
「え、あ……お、おう」
「ホップ」
「な、なんだ?」
10: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:32:43
自分がこんなにも大胆で、こんなにも……その、あれ。
…………欲しいんだなって思う人だとは思わなかった。
でも、仕方がない。
仕方がなか。
もう、決めちゃったから。
スカートのすそを掴み震えを抑える。
ホップにもあたしの緊張が伝わってるんだなって、その表情でわかる。
そして今度こそあたしの表情は真っ赤で震えて、期待を隠せていないんだと思う。
「あたしたち、恋人同士で、何よりも……もう子供じゃなか。だから……」
あたしはまた、もう一歩踏み出そうと思う。
「少しぐらい、危ないことしても良いと思うよ?」

いくらなんでも大胆過ぎた……と思ったのは、全部が終わってからだった。
11: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:33:11
・・・・・
研究所から出ると、日は沈み、辺りは真っ暗になっていた。
「本当に送っていかなくていいのか?」
一人で帰ろうとするあたしに、ホップは心配そうにそう言ってくる。
「だから大丈夫だって。大体送るって言ったってすぐそこの駅からタクシーで町ひとっ飛びたい」
「それは、そうだが……」
なんというか、ホップは思っていたよりも小心者な部分があるみたいだ。
でも、それはつまりそれだけあたしの事を想ってくれている証拠だって思えば、そんな所も愛おしく思えてくる。
「……心配してくれてありがと。気持ちだけ受け取っとく」
「……ああ」
やっぱり心配そうに返事をするホップにあたしはため息を我慢できなかった。
12: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:33:21
「……もう、しかたなか」
背伸びして、ホップの首に手を回す。
ゆっくりと、彼とあたしの唇を合わせる。
そしてまたゆっくりと、あたしたちの唇は離れていく。
「……ん。おやすみ、ホップ」
「……おう、おやすみマリィ」
名残惜しいのはきっとあたしだけじゃないんだなって、ホップの顔を見て確信できた。
13: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:33:35
・・・・・
夜の道をあたしは一人駅へと向かって歩いている。
暗いと言ったって周囲には街灯の明かりが道を照らしているから、危ないなんて事はないだろう。
いざとなったらあたしのポケモンたちに頑張ってもらうし。
「まぁーったくホップは心配性たい」
そんな文句を言いながら、あたしは笑顔を抑えきれない。
しかたがない。嬉しいものは嬉しいのだから。
きっと帰って寝る瞬間も、朝起きた時も、これからも。あたしは幸せなんだろう。
笑みが一つ零れるたびに明日が楽しみになってくる。
「ふふん、明日はどんなお弁当作ってあげようか―――」
「マリィちゃん」
14: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:33:49
背筋が、凍り付いた。
思考が、停止した。
今の声は、
あたしの名を呼んだ人は、
15: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:34:01
視線の先、街灯の下に人影が一つ。
その顔は明かりから外れていて見えない。
でも、でも。
あたしは確信をもって彼女の名を呼ぶ。
「ユウ、リ……」
あたしの親友で、チャンピオンがそこにいた。
「なん、で」
「え?ああ、そっか。マリィちゃんにも言ってなかったね」
ユウリの声はいつもと何も変わらず明るくて、
なのに彼女の表情は暗がりに紛れてまったくわからない。
16: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:34:22
「実はね向こうでの仕事が早めに終わってね、私だけ一足先に帰らせてもらったんだ」
「そ、そうなんだ」
「元々私が休み欲しい!って言ってたのは委員会側も知ってたし、良ければって」
ユウリは嬉しそうに両手を広げる。
「で、せっかくだからサプライズ!皆には内緒で帰ってきて驚かせようかなって!」
「そ、そう」
「それでさっき空港についてね?だから最初にホップ君に会いに来たんだよ?まだ実家にだって顔見せてないんだから」
「そ、それなら」
ホップに会いに行って来れば――――
「ねぇマリィちゃん」
17: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:34:34
ユウリが、一歩踏み出す。
スポットライトにその全身を晒す。
真っ暗だった彼女の表情がはっきりと、見て取れる。
あたしを見つめるその表情は―――――

「なんで、ホップ君とキスしてたの?」


氷で出来た能面のようだった。
19: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:36:29
死人は出ないけど行方不明者が出るやつですよね?
20: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:37:22
スパイクタウンが完全に廃墟になっちゃう……
22: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:37:43
だれも幸せになれなさそうじゃないですか!やだー
23: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:38:44
死人はでないが行方不明者が出ないとは言ってないからな…
24: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:39:30
本当に死人出ないのこれ!?
チャンピオンの首吊り死体かスパイクタウンジムリーダーの惨殺死体が出そうだよ!?
26: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:39:53
死人は出ませんし乙女の恋は成就しました
32: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:46:17
>>26
成就した(過去形)からいいってものではないんだぞ
28: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:41:09
それでもホップなら…ホップなら何とかしてくれるはず…
29: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:43:14
選ばれるのは1人だけなんだ
30: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:44:08
見んねモルペコ!
31: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:46:15
卑しかあたしばい!
34: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:48:09
ホップはいい男だから仕方無いみたいなとこあるし…
36: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:49:13
ロンゲはどう思う?
37: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:49:34
(ロンゲの墓)
38: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:50:25
まあ…そうだろうな
39: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:52:37
もうムゲンダイナの力で別世界からホップ連れてきて2人で分け合えば幸せになるんじゃねえかな…
40: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:53:15
>>39
ホップがいなくなった世界はどうなるんですか
41: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:53:21
ネズさんとダンデはどう思う?
47: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:58:14
>>41
ネズさんは間に入ってくれそうだけど
ダンデは本人同士の問題だし自分たちで解決しろとかいいそう
43: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:53:37
また敗北するの…
45: 名無しのあにまんch 2020/08/15(土) 23:56:07
キスのシーン見てるってことは致してるシーンも覗いてるんだよな…
54: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 00:06:03
>>45
チャンピオンが見たのは別れ際の熱っぽくってやたら長いキスだけです
48: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 00:00:07
ホップ視点だと自分に親身になってくれた女性を普通に好きになって告白されたからOKしただけなんだけどな…
49: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 00:00:26
男1女2の三角関係で男側の兄なんてどうにもできなさそう
51: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 00:03:03
ホップが2人まとめて抱けば解決するのでは?
53: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 00:05:27
>>51
それができるキャラだったらムゲン団なんて作られなかったわ
52: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 00:03:54
エキスパンションパス買わなきゃ…

2: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:45:31
・・・・・
「なんで、ホップ君とキスしてたの?」
そう聞かれて、あたしはただ震える事しかできない。
だけど、ユウリは沈黙を許してはくれない。
「ねぇ、マリィちゃん」
「……ごめんユウリ」
「何が?何がごめんなの?」
「あた、あたしは……ホップと、付き合ってるたい」
3: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:45:45
そう言って深く頭を下げる。
ユウリはどんな表情をしているのだろうか。
わからない、でも今は謝る事しか出来ない。
「ごめん、ごめんユウリっ……!」
「……いつから?いつからホップ君と付き合ってたの?」
「……この間、から」
「いつからホップ君のことが好きだったの?」
「……たぶん、あんたに頼まれてホップの様子を見に行った時から」
「……そっか。そうなんだぁ」
「っ……ユウリ!!あたしはッ――――」
瞬間、頬に衝撃が走る。
ユウリに打たれたのだと遅れて理解する。
ユウリの表情は未だ、氷のようで、その口から出てくる言葉は冷たくて、だけど噴火前の火山のように震えていた。
4: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:45:58
「ねぇマリィちゃん。マリィちゃんはさ、私がホップ君の事好きだって事知ってたでしょ?ずっと前から」
「……うん」
再び頬を打たれる。
「なのにさ、なんで?」
「……ごめん」
「私がホップ君に告白するんだって言った時、どう思ったの?」
「……応援、したいって」
そう言った瞬間、鳩尾にするどい衝撃が走る。
それがユウリのつま先によるものだと分かった時、すでにあたしは地面へとへたり込んでいた。
「馬鹿にしてるの?」
「ちが、違っ……ユウ、り」
呼吸が乱れ上手くしゃべれないあたしをユウリは冷たく見下ろす。
「何が?何が違うの?」
「ホントに……ホントに、応援したいって思ってたのっ……」
5: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:46:13
ああ、あたしはまた嘘をついている。
本当は、わからなかった。
ユウリを応援したいのか、そうじゃないのか。
わからないままあたしは口先だけのセリフを吐いて、ユウリを元気づけて、
そして裏切った。
そしてあたしはまた、口先だけのセリフを吐いてしまう。
「だって……ユウリは、あたしの……親友だから……」
氷に、ユウリにヒビが入る。
あたしはとうとう、どうしようもなく間違えたんだと、その瞬間悟った。
6: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:46:26
「ふざけるな」
罵倒される。
「ふざけるなっ」
殴りつけられる。
「ふざけんなッ!?」
それらは全部当然の怒りで、どうしようもなくあたしの自業自得で、
「何が、何が親友なのッ!?私の事、騙してたくせにッ!?」
涙を流しながら怒り狂うユウリに、あたしはただただ申し訳なさしかなくて、
「私の事、笑ってたの?馬鹿にしてたのっ?」
「そんな事ないっ……あたしは、本当にユウリの事を……」
「だったらなんでっ!?」
ただただ、頭を下げ許しを請う事しか出来なかった。
「ごめんっ……ごめんユウリっ……」
「……マリィちゃん、許して欲しい?」
突然の提案に、あたしは呆然と彼女を見る。
7: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:46:37
「私の言う事、一つ聞いてくれれば許してあげる」
屈みこんで、あたしを説き伏せるように、
「ホップ君と別れて。それで、もう二度と会わないで」
最後通牒を告げた。
「……」
「ホップ君と別れてくれたらこの事は忘れてあげる。許して欲しいなら、それしかないよ?」
それは、そうだろう。
ルール違反を犯したのはあたしだ。
ホップはあの性格だ。あたしが別れを告げたらきっと悲しむし傷つく。
それでも、ユウリがいればきっと大丈夫だと思う。
ユウリが今怒り狂っているのは他でもないあたしのせいだ。
これまで彼女が怒る姿なんて一度だって見た事がない。
チャンピオンとしての気苦労を背負いながら、それでもどこか『普通の女の子』なユウリは、
会話も、笑顔も苦手なあたしの事を親友だって、言ってくれた。
あたしも、それに応えたかった。
8: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:46:47
『その……ホップ君の様子を見て来てもらいたいの』
だからあの時、ユウリの頼みを引き受けた。
めんどくさかったけど、それでも親友の恋をちょっとでも手助けしたかったから。
…………その挙句がこれか。
あれほど助けになりたかった親友を裏切って、あたしは今親友の怒りを買い、蔑まれている。
仕方がない。自業自得だ。
声に出さず言う。
仕方がないから、自業自得だから、ユウリの言う通りホップと別れるのも仕方がないから。
――――――そんなの絶対に嫌だ。
「嫌……だ」
「……」
「嫌……それだけは、絶対に嫌たい……だって、だって……」
9: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:46:57
這いつくばったまま、涙を流す。
脳裏に浮かぶのはホップとの思い出。
一つ一つ思い出すたびに罪悪感が湧き上がってくる。
だけど、だけど、それでも。
「あたしは、ホップの事……好いとーと……」
好きなんだ。
どうしようもなく、ホップの事が。
親友を裏切ってでも、欲しいと思ったから。
自己嫌悪に苛まれても、それでも彼と結ばれたいと思ったから。
あたしは、ホップの事が……誰よりも、大好きなんだ。
「……なんなのあなた」
ユウリは心底軽蔑するような目であたしを見る。
「私の事親友だって、言ってたくせに。ホップ君の事応援するって言ったくせに」
だんだんと、その語気が荒くなっていく。
10: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:47:08
「全部全部、嘘じゃないっ。私を騙してっ、私の大事な人を隠れて奪ってっ!」
何も言い返せない。
ユウリのいう事はどうしようもなく正しくて、他でもないあたしが罪だと認識しているから。
なのに、
「私の方が先にホップ君を好きだったのにッ!?私の方が、ずっと長くホップ君と一緒だったのにッ!?」
ユウリの言葉があたしのメッキを剥がしていく。
友情だとか、理性とかそんな薄っぺらいもので覆っていた本心が露わになっていく。
剥がされ、削り取られ、あたしの本性が頭をもたげてくる。

「だったら」

勝手に口が開く。
鼓膜に響く自分の声は初めて聴く冷たい声で、
11: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:47:36
「だったらなんで、好きって伝えなかったん」
その時初めて、ユウリがたじろいだ。
「あたしなんかよりもずっとホップと一緒にいたくせに……あたしなんかよりもずっとホップに好かれていたくせにっ……」
「え……?」
「気づいてなかったの?……バッカみたい。ホップはね、あんたのことが、好きだった……」
あたしが、ホップとの会話からユウリの話題を消すのにどれだけ苦労したと思っているんだ。
何度話題を変えたって、ホップはユウリの事を想いだして、口にする。
その度に心がやすり掛けされているようだった。
そして何よりも……ユウリの事を口にして寂しげに笑うホップを見るのが辛かった。
「会えない事を寂しいって思ってたッ!!あんたが会いたいって言った時嬉しそうだったッ!!いつだって、あんたの事を心配していたッ!?なのに、なのにッ!?あんたは、会おうとしなかったッ!!」
12: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:48:43
開き直ったあたしは、汚泥を吐くのを止められない。
「ホップの事が好きだったくせにッ!臆病風に吹かれて、適当に言い訳してッ!!自分からも、ホップからも逃げ出したッ!?」
だって、それは間違いなくあたしの本音で、ずっと抱えて腐り果てた本性だから。
「だから、あたしがもらったのッ!!ホップに好きって伝えたのッ!!」
我慢なんてもう出来なかった。
友情よりも男を選んだ。
あたしにはもう、ホップしかいないって思った。
「そしたら……頷いてくれた。あたしの事、受け入れてくれた。あたしの事……好きって言ってくれた。ホップはね、あんたよりもあたしを選んだと」
いつの間にかあたしは立ち上がってユウリを見つめていた。
「そんなのッ……そんなのッ!?」
ユウリの表情から余裕も怒りも消え去り、焦りと動揺がその声には満ちている。
だからあたしは――――ここでユウリに止めを刺すことにした。
「ユウリ、あたしね、今日はずっとホップと一緒にいたと」
「え……」
13: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:48:54
ユウリが見たのは別れ際のキスだけ。
それだけで、彼女はこんなにも取り乱した。
なら。
「ねぇ……あたしとホップ、さっきまで何してたと思う?」
上着をはだけ、首筋を晒す。
そこに刻まれた彼の『印』をまざまざと見せつける。
「ユウリ……ホップは、とっても優しかったよ」
零れた笑みは間違いなく優越感によるもので、この時のあたしは間違いなく……ユウリを見下していた。
「ッ……ああああああああああああああッ!?」
ユウリがあたしに飛び掛かり胸倉を掴み上げてくる。
あたしの笑みは止まらない。
「友達だと思ってたのにッ!?親友だと思ってたのにッ!?このッ―――泥棒猫ッ!!」
「……何言ってると?」
14: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:49:08
力任せに彼女の腕を解き、突き飛ばす。
倒れこんだユウリを見下ろして、あたしはかつて親友だった人に最後の言葉を吐き捨てた。
「泥棒ってのは、『人のモノを』盗ったやつたい――――ホップがあんたのモノだったことなんて一度だってなか」

それで終わり。
呆然と虚空を見やるユウリを置いて、あたしは去っていく。
しばらくして、世界を呪う悲鳴のような声で誰かがあたしの名前を呼んだ。
あたしはそのまま家に帰って、寝て、朝起きて――――――血が出るほど泣き叫んだ。
15: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:49:18
・・・・・
あれからまた数ヵ月が経った。
いよいよ今年のジムチャレンジが目前に迫ったとあって、ホップはウキウキとその準備を進めている。
あたしもまた、ジムリーダーとして腕を磨いて、今年こそトップを取ろうと目論んでいる。
そんなある日、あたしはいつものように研究所にいた。
ホップがあれこれとジムチャレンジに向けて考えてる隣で、あたしはテレビを見ていた。
映っているのはチャンピオンの試合だ。
現チャンピオンは就任当時から強かった。
相手の動きを読んでいるかのように正確で時に意外な行動で、観客はもちろん対戦相手も湧かせるようなチャンピオンだった。
だけど、ある日を境にそのバトルスタイルを大きく変えた。
相手を徹底的に叩く。
相手の攻撃を全て捌き、相手の起死回生の一撃さえ打ち砕く。
それはある意味強さという『華』をこれ以上ないくらい咲き誇らせるやり方だ。
相手の『華』を奪い自分の『華』を大きくする。
それは、周囲を枯らす毒の華。
16: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:49:31
その急すぎる方針転換は様々な憶測を呼んだものの、結局チャンピオンの『もっと強くなりたいって思ったから』というインタビューで決着となった。
少なくともそれのやり方は今は受け入れられている。
ガラルの頂点が何よりも強いという事は観客にとっても嬉しいものなのだろう。
ただ、それがいつまで続くかはわからない。
いつまで、彼女がそれに耐えられるかわからない。
「……」
テレビの向こうで、チャンピオンが当然のように勝利を収めた。
「……ユウリ」
いつの間にか、ホップもテレビを見ていた。
だけど、その瞳は強きチャンピオンを讃えるものじゃなくて、悲しくて、心配そうな瞳だ。
ホップはただ心配しているのだ。
チャンピオンじゃなくて、昔から知っている友人を。
「……マリィ、ユウリはさ。たぶん色々模索しているんだ」
「……」
「オレが昔そうだったように色々考えて悩んで、自分の道を探しているんだ」
17: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:49:42
あたしはホップの言葉に何も返さない。
だって、チャンピオンが変わった理由は間違いなくあたしにあるのだから。
それを知らないからホップはこうもあたしに優しく語り掛けてくる。
「だからさ、ユウリの事嫌いにならないでくれ。あいつは、お前の親友なんだろ?」
「……うん。わかってる」
親友。
もう遠い言葉だ。
それを捨てたのも、汚したのも、壊したのも、あたしなのに。
喉の奥から苦いものがこみ上げてきた時、ホップが恐る恐るあたしの名前を呼んだ。
「あ、あとな、マリィ」
「何?」
「その……だな、ジムチャレンジが終わってからの話なんだが……」
「?」
「…………オレたち、一緒に住まないか?」
「……え?」
18: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:49:52
「ナックルシティにさ、良い部屋を見つけたんだ。駅とスパイクタウンの両方に近くて、オレが研究所に行くにもお前がスパイクタウンに行くにも便利な所でさ」
突然の話にあたしが驚いているのをどう思ったのか、ホップは慌てた様子であたしを宥めてくる。
「そんなすぐ決めて欲しいわけじゃないんだ。それこそジムチャレンジが終わってから答えを貰えればいい。ただ……」
これだけは、ちゃんと、ハッキリと言葉にする。
「オレは、お前と一緒に暮らしたい。それは、伝えておく」
そんな決意がホップの表情から見て取れた。
「……もう、ホップは。男なら『オレについてこい!』とか威勢のいいこと言えんと?」
「う……」
たじろぐホップにあたしは思わず笑ってしまう。
「……まぁよか。あたしはホップのそういうところも好きたい」
「な、なら」
「ん。スパイクタウンを出るのは寂しいけど……まぁ女の子はいつか実家をでるものたい」
「あ、ありがとうっ!」
そう言ってホップはあたしを抱きしめる。
あたしも、ホップを強く抱きしめる。
19: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:50:05
あたしは、今日も幸せだ。
大切な人を踏み台にした幸せを今日も享受している。
20: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:50:18
――――チャンピオン!いよいよ今年のジムチャレンジが始まりますがいかがでしょうか!
『そうですね、ダンデさんの運営するバトルタワーの影響もあってかここ数年ガラルのトレーナーのレベルは上がっていると思います。私も、うかうかしてられないですね』
――――今年はあのホップ選手も参戦を表明していますがライバルの復帰はやはり脅威に感じていますか!
『もちろんですよ。ホップく……ホップ選手とは長い付き合いです。
 数年ぶりの参戦だからと言って彼にブランクを期待するような事出来ません。
 むしろ、昔よりもずっと強くなっているでしょうね』
――――ならばやはり今年一番警戒しているのはホップ選手ということでしょうか?
『んー……警戒してるっていうよりは期待の方が大きいかな?公の場で彼と戦うのは本当に久しぶりで、本当に……楽しみですから』
――――楽しみ、ですか
『ええ。本当に、本当に久しぶりで……楽しみで……今からもうワクワクしてます』
――――なるほど、ホップ選手は長年のライバルですものね
『ただ、警戒してるって事ならば、マリィ選手ですね』
21: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:50:32
――――マリィ選手ですか?
『はい。彼女も最近色々覚えたみたいで。裏をかかれやしないかとハラハラしています』
――――チャンピオンはマリィ選手とも長年の友人ですしホップ選手の事も含め、やはり親しい仲だからこそ、その強さを理解しているという事でしょうか
『そうですね、そんな感じです』
――――ありがとうございます。それでは最後に一言、お願いできますでしょうか
『はい』

チャンピオンはカメラの向こうの誰かを見て、ほほ笑んだ。
『ホップ君、私待ってるよ』
そして、カメラの向こうの誰かを見て、氷で出来た能面のような顔を見せ、去っていた。
去り際に、彼女呟きをマイクが拾う事は無かったが、
あたしにははっきりと読み取れた。
22: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:50:52
マリィちゃん―――――――絶対に、許さない
24: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:52:29
これで終わりです
総字数大体2万6千文字
5日で書いたにしては中々のもんじゃないかと思ってます

読んでくれた方お付き合いありがとうございました
25: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:53:11
超大作だった…
38: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:04:01
これまだホップのこと諦めてないじゃん…
23: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:52:14
自分が加害者になりたくなくて相手に問題を押し付けたらおしまいよ
おしまいだった
27: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:54:38
おつかれ
毒々しい華があちこちで咲き誇ってて素晴らしい
28: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:56:01
うn
出来が良いから気分が悪くなるな
出来が良いから…
29: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:56:07
重い…これ時間が解決してくれるんです?
31: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:57:59
>>29
時間が悲しみと怒りを押し流す前に片方が死ぬんじゃないかな!
30: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:57:31
ユウリもマリィも悪く書いちゃいましたが私自身はなんというか健全なユウホプがすっごく好きだし
ユウリと仲良くしてるマリィめっちゃ可愛いなぁ!!って感じです

誤解されないように言っておきますが、私はただ硬い友情で結ばれた女の子が男を巡って醜い争いをするのが性癖なだけです
32: 名無しのあにまんch 2020/08/16(日) 23:58:52
>>30
よく言った
読んでて楽しくないのに楽しかったありがとう
35: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:00:35
>>30
誤解とは一体…
36: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:01:08
>>30
ありがとう
ひさびさに気持ち悪い笑顔になれたよ
33: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:00:12
仮にこの後マリィがチャンプになってホップと結婚もしたとする
祝福と称賛の声がマリィちゃんにザクザク突き刺さるやつ…
34: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:00:34
こっからチャンピオンが幸せになる未来が見えねえ…マリィは死ぬまで後ろめたさを抱きながらも幸せな結婚幸せな家庭を築きそうなのに
37: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:02:19
もしこの先チャンピオンが何らかの形でいなくなったらマリィはどう思うんだろう
個人的にはショックを受けつつどこかほっとした自分がいることに気づいて吐いて欲しい
40: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:04:51
10年後くらいに抜けない棘に耐えかねて謝りにいった所でグサリ!
する未来が見えた
泥棒が悪いよ泥棒がー
41: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:05:02
楽しかったけどこのマリィが幸せだと気分悪いから何かしらの報いは受けて欲しいな
42: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:06:16
>>41
もう
受けてる
45: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:06:45
>>41
生涯後ろめたさと罪悪感に苛まれ続けるのは間違い無いと思う…
43: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:06:39
いいや
やっぱり無敗のチャンピオンになってもらってホープ君に負けてもらうね!
47: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:07:53
ユウリにだって出会いがこれからだってある筈だし…
56: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:12:25
>>47
出会いがあったとしても裏切られて奪われた事実と記憶は消えないんだ…
58: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:12:33
>>47
友情を捨てて恋を奪った女が友情も恋も失った女の目につく所にいる限りは無理ではないでしょうか…
50: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:09:01
完全無敵のチャンピオン概念と化してホプマリ夫婦を粉砕し君臨する覇者ルートか
あえて敗北してチャンピオンの背負う呪いをマリィに残す呪縛ルートか
51: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:09:54
ユウリにも今後出会いはあるかもしれないが同じ英雄の片割れで初めての冒険に連れて行ってくれた男の子はホップだけだからな…
52: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:12:02
む ムゲンダイナ…
ムゲンダイナはどこ…
53: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:12:20
やっぱりチャンピオンが悪いよなぁ…
55: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:12:22
強いトレーナーと強いポケモンが集まったところでムゲンダイナアアアアするとトレーナーやポケモンからパワーを奪い取ってブラックナイトが起こせるかもしれない
59: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:14:05
なんていうか君が望む永遠を思い出すドロドロさだった…
60: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:14:20
何で今になってムゲン団ルートが蘇るんだよ!?
61: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:15:21
これ総帥が辿ったルートよりきついんじゃねえかな…
64: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:16:20
>>61
仮に過去へ戻ったら真っ先にマリィ殺しに行きそうというか
憎しみの対象が自分以外にあるからもっと救いのない踏み外し方しそう…
63: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:15:54
総帥ルートだとマリィは味方サイドだったからな…
65: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:16:25
すれ違い展開すると仕方ないとはいえホップの察し悪くなりがちよね
後で真相に気付いちゃったら…とか思うと胃が痛い
まあどっちにしろ手遅れなんだけど
67: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:17:11
「マリィに手出しはさせませんよ」
「やめるんだユウリ君!ホップの幸せを壊すような事はさせないぞ!」
…二人共余裕で粉砕しそうだ
それよりミツバさん辺りから「いや〜それユウリちゃんもだいぶダメでしょ」とか言われるほうがダメージ入りそう
70: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:20:07
>>67
部外者が大人ぶって正論並べるのがどうして腹立たしいかよくわかる
68: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:18:00
このルート通ったユウリはマリィはもちろんその子供にも殺意向けるよね…
77: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:25:57
>>68
外見はホップそっくりなのに目だけがマリィそっくりとかだったりしたら耐えきれないだろうなって思うよね
71: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:21:19
憎い恋敵の子だけどホップの子でもあるので矛先がどこにも向けられなくなる
69: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:18:28
譲る事は出来ず自分が悪者のままなのも耐えきれず
愛する夫と引き換えに相手を殺す以外に恨みから逃れる術を失ったのだ!
72: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:21:46
流石悪タイプのジムリーダー…
すげぇワルだぜ…
74: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:23:31
これチャンピオンにとって2人が友人だったのもう過去形ですよね…
76: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:25:32
エピローグだとマリィはユウリの事をチャンピオンとしか言ってないんだな…
78: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:26:53
>>76
自分から関係致命的にぶち壊しておいて親友呼びできたら神経太すぎる
79: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:29:07
キスマーク見せつけてるあたりのマリィちゃんが悪タイプすぎて…しゅき…
80: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:29:16



81: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:34:42
ホップには是非とも二人が決別しててその原因が自分だと知ってほしい
83: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:36:07
>>81
そして真実を知ってユウリの元にたどり着いた時には全てが終わってもう取り返しがつかなくなってるといいと思う
86: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:38:15
>>83
マリィと子供を亡き者にされて衝動のままユウリを殺してて何もかも失うホップいいよね…
91: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:40:41
>>86
いいやユウリがマリィとホップの目の前で恨み言吐きながら死んで永遠に消えない傷を残す方がいいね!
82: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:35:52
ちゃんと憎めてるなら大丈夫一撃破壊光線をぶちこめば全部解決だ
88: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:39:58
このチャンピオンからは衝動的に殺すとかじゃなくて生き地獄に落とす系の情念を感じる
89: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:40:13
でも伝えないのがダメですよね?
自業自得じゃないですか
93: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:41:34
>>89
ムゲン団立ち上げ時からある基本設定過ぎてダメだった
90: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:40:25
痛ましい気持ちなのに気持ち悪い笑顔になるのが止められない…
94: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:41:50
圧倒的な強さと 苛烈な闘いで 長年 ガラルの民を魅了し恐れられている「ガラルの女帝」。
ホップ博士の幼馴染で 共にジムチャレンジを戦い抜いたこともあった。
かつては エンタメ性の高い華麗な戦い方が目をひく 明朗で優美なトレーナーだったというが
今や その面影はなく 常に 氷の仮面を被っている。
何故 彼女は変わってしまったのだろうか。
96: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:42:02
おかしい…ムゲン団は鎧島と共に夢幻と消えたはずでは…
95: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:41:53
まずユウリが帰ってきてホップくんに告白してきちんと振られておけばこうは拗れなかったんだろうけどな
98: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 00:42:55
このチャンピオンチャンピオンであることが唯一の鎖というかチャンピオンですらなくなった時に何しでかすか分からねえ…
11: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:06:25
第一回のホップ視点だと気ぶりレスが多かったのにマリィ視点に入ってからどんどん「」が慄きだしてダメだった
16: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:08:49
>>11
リアル以上に生々しく感じるレベルの湿った女の描写だったから…
17: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:10:37
いやだってホップから見るとユウリと疎遠になったな…ぐらいな所にいきなり現れて自分を心配して忙しい合間を縫って毎日のようにお弁当作ってきてくれる健気な女の子なんだもの
18: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:10:56
いいよね…私は愛されたけどあなたは愛されてないでキスマーク見せつけるマリィ…
21: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:11:24
>>18
この時点で刃傷沙汰にならなかったのが奇跡
20: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:11:05
半ば逆張りでユウマリ友情話が書けそうだけどあのパワーに対抗できる気がしない
23: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:11:53
ホップがユウリに対する気持ちに気づく寸前で告白したのも打点が高い
30: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:15:42
>>23

ホップがユウリの話題話さないように頑張って話題変えてたって地の文読む限り君最初からユウリ蹴落としてホップ落とすつもりだったよね?ってなる
25: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:13:25
相手が一通りマジ切れしたタイミングでカウンター決めるのが狡猾すぎる
27: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:14:42
ホップに愛されたいという気持ちだけは真実
それ以外はすべて嘘偽りを塗り重ねながら生きていくんだろうな…
28: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:15:11
>>27
でも愛する家族ができたから死ねないし幸せに暮らすんでしょ
許せないよね
33: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:16:21
外から見たらどんなに幸せに見えても絶対に幸せに離れないよ
37: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:17:49
>>33
>幸せに離れないよ
誤字なんだろうけど誤字に見えねぇ!
44: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:22:31
>>37
ホップには盾のお守りをあげるね
マリィとしあわせにはなれないでいてもらうためのお呪いだよ
39: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:20:15
流石にホップも訝しんで問いただすだろうけど自分に不利になることは絶対口にしないという嫌な信頼感がある…
42: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:21:50
ホップには全てを知ってもらいたい
50: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:23:45
ビート君はどう思う?
51: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:24:00
巻き込まないでください
53: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:26:50
オーロンゲはどう思う?
57: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:27:42
(オーロンゲの墓)
54: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:27:14
……………
56: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:27:32
し、死んでる…
55: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:27:14
あいつなら胃痛で死んだよ
60: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:27:56
こいついつも死んでるな
69: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:30:21
ち…ちガッ…あくまで逆境を乗り越えて突き進む姿が好きなのであって全力で暗雲に潜っていくのはちょっと…ガァ…
71: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:31:28
トーナメントで再開した時のザシアンとザマゼンタ気まずそう
75: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:32:33
拗らせて総帥にまでなったルートと親友に裏切られたルートどっちがマシかな…
78: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:33:09
総帥は親友に裏切られて寝とられた訳じゃないし…
88: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:35:32
総帥は剣盾2の主人公ですら浄化しきれず剣盾3までもつれ込むパターンもあったからな…
89: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:36:18
総帥は浄化の芽があったけどこっちのユウリはどうあっても救いが見えない…
101: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:38:45
このユウリマリィを殺しても狂ったように笑い続ける姿しか見えないし
ホップと結ばれる未来だけは絶対あり得ない気がする
112: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:41:12
だがポケモンの世界で重婚が禁止されてるというルールはないはず
114: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:41:53
>>112
この2人今更共存できるの…?
119: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:44:06
どうして皆幸せになれないのさあ…
121: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:45:04
もしホップが事実を知ってもなおマリィの味方についたらどうなるんだろうね…
124: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:45:37
>>121
仮に事実を知ったとしてもマリィが自分を支えてくれたって事実は変わらないからなぁ…
128: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:46:39
自分がフラれた上でホップとマリィがくっつくならまだ悲しみつつ祝福できたと思うが失恋の機会すら奪われた…
129: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:47:14
>>128
ユウリが先に告ってたらホップとくっついてたからな…
7: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:19:18
何もしなかった人が悪いよね
11: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:21:54
>>7
奪った側が悪いし奪った上で相手のせいにしたからもっと悪いよ
9: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:20:47
あたしも…女だから…
10: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:21:38
別にムゲン団とか大それた目的や組織は立てなさそう
ただただ人間らしい憎悪に燃えそう
14: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:23:07
肝心のホップ君にも嘘と隠し事してるという不誠実ぶりは流石あくジムリーダー…
25: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:28:20
>>14
いつか秘密にしているのに耐えきれず受け入れてくれると信じて打ち明けるんだろうな
多分受け入れられるけど軽蔑された未来を思うと興奮する
34: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:31:52
>>25
真実を告白する時も自分が悪者になりそうな部分は捻じ曲げて話しそう…
15: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:23:39
ちゃんと公約通り人死には出なかったし乙女の恋は成就したからな
17: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:24:11
>>15
人死はあのあと出そうだがな…
16: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:23:58
欺瞞をかんじる…!
22: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:25:57
かけがえのない親友を対価に恋人を錬成した
等価交換だ
36: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:32:26
マジもんの泥棒猫じゃないですか…
37: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:33:00
>>36
人のモノを盗ったら泥棒だけどホップはチャンピオンのモノじゃないじゃないですか
39: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:34:06
>>36
ホップは最初から一度もあんたのものじゃなか
38: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:33:45
最初からちょっとユウリに劣等感も抱えてて若干ざまあみろと思ってる部分もあるのは否定できないと思う
42: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:35:12
なるほどこれがピカレスクロマンですか
49: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:37:13
一切あの件に関わってないビート君は幸運でしたね
51: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:38:54
>>49
ビートくんはピンクキメてるからな
63: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:43:43
マリィがそんな事するかァ〜〜〜〜!!
65: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:44:14
>>63
この世界はムゲン団総帥にとってショックだった
70: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:46:22
>>65
ヨロイ島でもう自分みたいなバカなことをする世界は無くなったと油断していたからね…
71: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:46:22
>>65
大半の「」ウリに大ショックの世界だよ
総帥世界ですら最後まで総帥に付き合ってくれたマリィがこんなひどい事をするなんて…
66: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:44:18
ここまで救われる未来が見えないユウリは初めて見たかもしれん…
75: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:47:29
ホップと致した事すら武器にするの卑しすぎる…
85: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:50:19
でもブラックナイトでガラル消滅一歩手前で手持ちかつホップとの繋がりだった姉上に後ろから切られて愛情も友情もポケモンへの信頼も失って死ぬユウリはある種の美しさがあると思う
もはや悪役だけど
89: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:53:15
>>85
主人を裏切って啜った命は美味いか
99: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:58:15
>>89
貴女は最早英雄ではない
…厄災です
どれほどひどい裏切りを受けた結果であってもガラルの守護者たる私が貴女に従う訳にはいきません
112: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 21:02:02
>>99
都合の悪い時だけ饒舌になりやがって…
人間が厄災に成り下がるまで懐で待ってたんだろう!
87: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:52:17
ホップがユウリの事好きだとわかるやいなやユウリの話題全消しに奔走してたのマジで卑しかばい
90: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:54:41
こんなんポケモンバトルじゃねぇっ!
ただの殺し合いだっ!!
ってなりそう
92: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:54:58
>>90
お前の始めた戦争だろうが!!!
95: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:56:57
マリィ視点の冒頭でいい部屋に住んでるユウリに格差と劣等感を感じてたマリィちゃん卑しい…
103: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 20:59:56
あの終わりのインタビューだとチャンピオンはホップのこと諦めてなさそうなんだよな…
109: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 21:01:45
>>103
大変な仕事終えて今度こそ好きな人に告白するんだ!って場面で何もかも既に奪われていたと知ったんだ
諦められるわけが無い
110: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 21:01:46
マリィがこんなことやったって知ったらネズさんは発狂してもおかしくない
115: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 21:02:38
>>110
マリィもユウリももう子供じゃないだから…で済ませそう気もする
122: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 21:05:02
ネズさん過保護だけど過干渉はしなさげというか最後には妹の意思を尊重しそうなので……
一言本当にそれでいいのかと問うくらいはすると思うが
124: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 21:05:38
ネズさんはマリィの罪を知りその償いの犠牲になるんだ
兄を殺して手に入れた愛は美味いか
126: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 21:07:13
ネズさんがどれだけのことをしてももう遅いんだ……
128: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 21:08:45
ここは間をとってネズさんがホップを落とせばいいんじゃないですか?(錯乱)
134: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 21:10:57
>>128
気持ち悪いわー!
129: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 21:08:46
部外者が口挟んでも火傷するだけだしなぁ
131: 名無しのあにまんch 2020/08/17(月) 21:10:02
もう遅いの理解してるネズさんが死ぬまで苦しみますよとボソッと呟くのか……
138: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:49:41
ブラックナイト(原作)
ブラックナイト(世界崩壊)
ブラックナイト(昼ドラサスペンス)
139: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:49:47
狭い狭い一本の道を通って落下した末に辿り着いた無限の可能性から抜け出てきたと思ったらまた狭い狭い一本の道を通って落下し始めた
144: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:53:11
>>139
無数に並行世界があるとするなら
中にはこういう世界線もあるんだろうなあ
140: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:50:38
まぁこれはなんていうか裏ルートみたいな認識で読んでるよ
142: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:52:23
このマリィ自己保身に長けてるから少なくとも周りの人に不利な事は言わないよね…
言っても同情される範囲でしか言わないというか
146: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:53:36
>>142
別に露骨にハメたとか妨害したとかじゃなくて言ってしまえば恋敵のいないうちに頑張って好きな男に尽くしたってだけだからな…
151: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:55:15
反動で何の凹凸もないほのぼのなホプユウ光が読みたい気分だ
155: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:56:07
正論を口にするな縫い付けるぞ
157: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:56:43
>>155
一番ダメージ出るタイミング狙ってぶちまけたからな…
134: 名無しのあにまんch 2020/08/18(火) 00:48:22
道中曇るけど最後に幸せになる女の子のが好きなのであって
最後まで曇り続けるのはその…すきだけど…お辛い
続き: 【ポケモン】ホップ×マリィ(ホプマリ)後日談 【二次創作注意】

ゲーム > ポケモン記事の種類 > 考察「」ウリポケモン

新着おすすめ記事

「ポケモン」カテゴリの最新記事

「考察」カテゴリの最新記事

コメント一覧

1. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:03:23 ID:g1ODExNjQ
また夜遅くに怪文書あげてる…いいぞもっとやれ
0
56. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 05:23:11 ID:c4NjQzNjQ
>>1
普通にSSあげられててビックリしたんだが。
0
69. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 06:29:40 ID:Q2ODc0NDA
>>1
また管理人殿がユウリを曇らせておる
0
86. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:24:42 ID:QxNzgyNjI
>>1
訓練されたあにまん民はこうやって闇を摂取しないと生きていけない身体にされてる…
0
194. 名無しのあにまんch 2020年10月24日 12:26:59 ID:c5MjY4NDg
>>86
この黒くてドロドロしたやつおいちい!!
0
119. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 09:07:51 ID:g0ODg3MTg
>>1
ふたばの良いところはこういう二次創作に褒めレス推奨and発展系妄想OKな土壌だと思う
俺もゾンサガ怪文書かいてたけどすっごい楽しかった
0
138. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 10:21:58 ID:IzMzc5MzY
>>1
×死人は出ません
○死人が出る前に終わってるだけです
0
146. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 10:59:54 ID:E0MzkwMTY
>>1
暗い夜道でユウリがとびだしてきた! した瞬間から笑いが止められなくなった。男女問わずBSSってなんでこんなに面白いんだろう。
0
155. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 11:44:16 ID:I1NTgyNDI
>>1
管理人のことだから、既に出てるこのSSの続編も纏めるだろうな
マリィもユウリも同じ立場で思いをぶつけ合って
ホップもすっきりするハッピーエンドな続編を
0
162. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 13:11:19 ID:A0NjY2MDk
>>155
おまえは理解ってない…管理人は我らあにまんの民の主だぞ?
0
197. 名無しのあにまんch 2020年10月30日 01:47:53 ID:U2MTc5MjA
>>155
確かにそうだったと言えばそうだったが…
日本語って難しいね
0
186. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 19:53:26 ID:U2OTU2NzQ
>>1
「」ウリには桂言葉さんが、マリィには西園寺世界さんが何やらとんでもない話を吹き込んでいる。そして、それを知りお互いの危険な計画を全力で阻止しようとする誠死とマサル・ダンテ・キバナ・ネズ・カブ・オニオン・ビート・マクワ・カブ・ヤロー達男性陣。
0
2. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:04:58 ID:U4NDQwNzk
また幻覚ですか
0
89. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:31:44 ID:c4MjkxNDQ
>>2
ユウリ「現実なんだ!アッチが夢だったんだ!!よかっ…」
0
163. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 13:12:23 ID:A0NjY2MDk
>>89
「ユメは見れたかよ?」
0
188. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 21:12:11 ID:Q2ODYxMTk
>>163
ホップとの失われた刻を奪り還さなきゃ…
0
95. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:50:54 ID:Y2Mzg1NTg
>>2
だが、幻覚はよいものだ
0
142. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 10:33:18 ID:IzNjA1ODM
>>2
まあ実際のマリィだったら勝ち目なくても同時に告白しそ
0
153. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 11:36:18 ID:cxNTk3MDI
>>2
私が夢を見るのを邪魔しないでよ!
0
3. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:06:02 ID:c3MDkzODk
待ってくれたまえ
深夜に大作をワッといっきにあびせかけるのは!
0
97. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:51:14 ID:Y2Mzg1NTg
>>3
何か問題でも?
0
133. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 10:07:38 ID:E0OTA4MDc
>>97
可哀想なユウリを見ると胸が苦しくなって気持ち良くなっちゃうだろ!
0
4. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:08:18 ID:gxNjQ0MTA
秘蔵フォルダのアップロードしまくってんね
もっとやれ
0
5. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:10:09 ID:Y3ODAzOTM
マサマリとマサホプの二次創作も頼む
0
6. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:13:05 ID:Y4NDE4NjQ
>>5
マサユウは…マサユウはないんですか!?
0
13. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:20:19 ID:gxNjQ0MTA
>>5
マサホプは光のBLになりそうなのが性差的な観点から見ても面白い
0
59. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 05:39:13 ID:cxMDM4MTE
>>13
これ
ユウリ→マサル、マリィ→ビートでも成り立つよね(悪魔の発想)
0
82. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:12:04 ID:c5NTAwMTM
>>5
マサマリなら2.3日に一つスレが建ってオーロンゲが気ぶってるよ
0
125. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 09:22:32 ID:IwNzc2Nzg
>>5
マサルで思ったが、マリィじゃなくてマサルを行かせてたらこんな悲しい展開は起こらなかったんだよなぁ…
でも、それじゃあただのほのぼの話で終わっちゃうからつまらないね!
0
193. 名無しのあにまんch 2020年10月24日 00:17:34 ID:A3NDkzNzY
>>125
もうさ、この際マサルの世界とユウリの世界を融合させればいいと思う
0
7. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:14:14 ID:Q4ODMxNzI
せっかくの雪原配信日なのにあらゆる方向からユウリ曇らせんのやめろや!
0
140. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 10:30:23 ID:IzMzc5MzY
>>7
闇を大量に摂取しておけば光を受けたときの幸福度も増すだろう?
管理人は雪原を楽しみに待ってる我々の為にまとめてくれたのだ
0
8. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:14:58 ID:Q5MTY4NjA
まだ全部読めてないけど、博士目指してるホップさんとジムリのマリィさんは相性悪いと思うよ。わチャンピオンみたいな人だったら話は別だろうけど。
0
18. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:25:30 ID:Y3ODAzOTM
>>8
ムゲンダイナ見えてんぞ
0
51. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 04:55:15 ID:UxMjkwOTM
>>8
禁断の兄弟BLですか!?
0
53. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 05:11:10 ID:k1NzY3MjY
>>8
昨日は絶望と虚しさのムゲン団、今日は憎悪と怒りのホプマリと実にバランスがいい
0
9. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:16:46 ID:kwMDY0MTE
なにこの…なに…?
0
42. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 04:26:08 ID:UwNDg3OTQ
>>9
読み終わったらアグニ様みたいな顔してたわ......
0
10. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:17:05 ID:kzMzExNzQ
SSなんて久しぶりに読むな
0
11. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:18:30 ID:I3OTYxNDg
こいつ!こんな時間にこんな記事を上げるなんて!
今日のDLCで公式に光の特大燃料投下される前にやっとこうって魂胆だな!
正しい判断だわ
って言っても闇の民は不屈だから光をお出しされたらもっと濃い闇を生み出すだけだろうけども
0
17. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:25:21 ID:A0NjY2MDk
>>11
光を塗り潰すために、より深い闇を生み出し。
闇を染め上げるために、より強い光を生む…

永久機関が完成しちまったなぁ〜…!!

どっちも視界を塞ぐって意味じゃあ変わりゃしねぇのによぉ!!
0
43. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 04:35:28 ID:UwNDg3OTQ
>>11
これが闇の力......

素晴らしいです
全てを理解していきます
0
52. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 05:00:22 ID:UxMjkwOTM
>>11
公式が光を出そうが、闇を出そうが闇属性の民は闇を深くするからどっちに転んでもあにまん管理人にとってはプラスになると言う

・・・あにまん管理人が一番の闇属性なのでは?
0
55. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 05:17:25 ID:g0MTY0MDE
>>11
妄想を止めないポケモン公式の暴走は誰かが止めなきゃならないもんな…
0
72. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 06:57:38 ID:c1Njg3MDc
>>11
ポケモン公式「今日光のホプユウを剣盾プレイヤーに届けてあげるんだ!」
あにまん「へぇ〜そうなんだ」(闇のホプマリ用意)
デジャブ…
0
79. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:10:26 ID:IyODEyMDA
>>11
ナイトなら光と闇がそなわり最強に見えるが
逆にあにまん民なら頭がおかしくなってしぬ
0
147. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 11:02:25 ID:E0MzkwMTY
>>11
マリィ→あくタイプ
あにまん→やみタイプ
0
12. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:19:05 ID:A1MDI5MTI
寝たいんだが。
寝たいんだが!(歓喜)
寝たいんだがー!(「次のページへ」をタップ)
0
23. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:43:21 ID:A1MDI5MTI
>>12
うむ。クッソ眠いがすばらしかったぜよ。7:3くらいの割合でマリィの方がクソだったが、なにか掛け違えたらこういう世界もあってしまうんだろうなって納得もある。
本当にそれで良いのかと確認してから、これはもう手遅れだと理解して一生苦しむぞと忠告するネズさんがまたずいぶんクールだね。
0
29. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 04:02:12 ID:I3OTYxNDg
>>23
・この「」ウリは総帥と違ってちゃんと告白しようとしてた(間に合わなかったけど)
・その告白予定時期を親友だと思ってる相手に教えた結果、タイミング合わせて裏切られた
・マリィが「」ウリの話題を避けるぐらい、ホップは「」ウリのことが明確に好きだった
ここらへんがあるからどうしても「」ウリ側に同情するよね
ずっと告白しないまま、一方的に惚れてただけの相手が他の誰かとくっつくのは、そりゃ向こうにも選ぶ権利あるもんしょうがねえでしょ総帥…って話だけど
ちゃんと前に進む意思見せてたうえに両片思いだったのを、信頼してた相談相手にぶっ壊されるのはね…
あと総帥は安らかな死を得られるルートが結構ありそうだけど、この「」ウリは生きても死んでも地獄だろうなって
0
176. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 16:45:30 ID:c4MjkxNDQ
>>29
「」ウリ「結婚してないなら暫定1位でしかないよ」
0
157. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 12:00:24 ID:g0ODg3MTg
>>12
「あとちょっとだけ、キリの良い章まで、、、」で最後まで読んでしまったよ
0
14. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:20:22 ID:MwMzI5MDc
ホップマリィはねぇわ絡みほぼないし、それよりビートホップのほうがまだ尊い
0
15. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:21:46 ID:A0NjY2MDk
『清らかな汚泥で満たされた底なし沼』…きっと"この話"を聞かされた「」ウリの心中は そんな感じなんでしょうね…

んもー、管理人ちゃんったら…こんな深夜にアップするとか…
わかってるわねぇ…(唐突なオネエ化)
0
16. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:24:28 ID:M3NjAxMzM
ホップはマサルかビートと組ませた方が良いと思うの。それかキバナ
0
19. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:36:07 ID:cyNTQzMjU
コワ〜… としか言えない
0
20. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:37:11 ID:I4MTk1ODM
「」ウリに幸せなど似合わない
0
68. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 06:22:09 ID:kwNTE1MzA
>>20
ただ不幸が似合いすぎただけなんだ…幸せの似合わない人間なんて言うんじゃない。
0
21. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:37:42 ID:k3ODk1ODM
「」ウリがマキちゃんみたいな事になってる‥‥
0
130. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 09:33:00 ID:g0MTY0MDE
>>21
マキちゃんには石上が居るから…
0
22. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:37:55 ID:E1NzI1OTc
マリィに対してネズさんは肯定も否定もしないんだろうなってことはわかる
ホップに対してダンテはケリをつけろと背中を押すんだろうなって思う
0
24. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:43:45 ID:cxMDc1MzU
スマホで7ページあるんだけど……?
0
117. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 08:57:44 ID:c0NzEwODM
>>24
大丈夫大丈夫本文だけなら3ページだ
0
25. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:44:30 ID:k5NTYxMjE
どうして浄化された「」ウリをまた闇に引きずり込むようなことするんですか?どうして……
0
32. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 04:04:59 ID:I3OTYxNDg
>>25
公式が光をお出しする→公式がこんなに尊いなら俺達が多少曇らせてもいいよな!
公式が闇をお出しする→やっぱり闇じゃん!もっと曇らそうぜ!
公式が何もお出ししない→とりあえず曇らせとくか!
こうなるのが闇の民だ、呼吸と同じなのだ
0
76. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:06:07 ID:A5MzkzMjk
>>32
闇の呼吸の病柱か…

闇の呼吸
壱の型 ライナー
弐の型 「」ウリ

あとは…
0
88. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:31:17 ID:QzMzYzMTA
>>76
参の型 兄上
肆の型 虎杖
伍の型 スバル
0
114. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 08:51:02 ID:kwNTE1MzA
>>76
キャルちゃんの記事に出てきたあにまんのフルコースと同じテンションで笑った
0
26. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:44:46 ID:QxMTAwOA=
まあ待て落ち着け、雪原まで行けばまたきっといい感じのイベント用意されてて救いが齎されるんだから、今は存分に湿った世界を楽しもうじゃないか。
それはそれとして連日の投下で創作意欲が刺激されたので失礼する
0
148. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 11:06:43 ID:E0MzkwMTY
>>26
おい待てェ、良い闇待ってるぜ(激励)。
0
27. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:45:41 ID:EwMzg4MzA
ホプマリも絡みが分からんけど、割りと創作されてるビトマリはさらに分からん
0
96. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:51:03 ID:YxMTYwNjg
>>27
ビトマリ派です(ブチ切れ)
0
28. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 03:57:53 ID:k4NTczMjY
「」ウリは激怒した。必ず、かの邪智暴虐の管理人を除かなければならぬと決意した。
0
35. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 04:09:22 ID:I3OTYxNDg
>>28
「」ウリには男心がわからぬ。「」ウリは、ガラルのチャンピオンである。くさぶえを吹き、ウールーと遊んで暮して来た。けれども自分を曇らせようとする者に対しては、人一倍敏感であった。
0
60. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 05:41:17 ID:k4NTczMjY
>>35
老あにまん民は、あたりをはばかる低声で、わずか答えた。
「管理人は、皆を曇らせます。」
「なぜ曇らすのだ。」
「悪心を抱いている、というのですが、誰もそんな、悪心を持っては居りませぬ。」
「たくさんの曇らせまとめをアップしたのか。」
「はい、はじめは役立たずの狛治を。それから、おでん様の裸踊りを。それから、お労しや兄上を。それから、早パイとの死別を。それから、キャ虐を。それから、進撃の諫ライを。」
「おどろいた。管理人は乱心か。」
「いいえ、乱心ではございませぬ。ハッピーエンドを、信ずる事が出来ぬ、というのです。このごろは、ポケモンをも、お疑いになり、少しくキテルな展開をしているカプあれば、記事ひとつずつまとめることを習慣にしております。ムゲン団総帥が曇る見通しがあればコメント欄に事実無根の書き込みが投下され、♥されます。きょうは、百人♥しました。」
 聞いて、「」ウリは激怒した。「呆れたあにまん民だ。生かして置けぬ。」
0
30. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 04:02:42 ID:ExMzQ3OTg
素晴らしい、その一言に尽きる
0
31. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 04:04:02 ID:Y4Nzk4NzM
あまりの大量の怪文書に困惑せざるを得ない
0
33. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 04:07:13 ID:M2OTA0NTY
『』ウリ?(つまり私が二人とも美味しくいただけば何の問題も……無い?と言う事?)
0
64. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 05:54:37 ID:UxMjkwOTM
>>33
自分としてる時よりも、ホップとマリィがしてる時の方が二人とも気持ちよさそうにしてるのを見て曇るんでしょ?

知ってる
0
34. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 04:08:01 ID:A2OTQ0NDg
ユウマリ嫌いなん?
0
98. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:52:39 ID:Y2Mzg1NTg
>>34
違うのだ。ユウマリが嫌いなわけではなく、曇らせが好きなだけなのだ
0
131. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 09:37:36 ID:c4NjA4NTU
>>34
興味ないだけじゃない?
0
137. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 10:15:46 ID:E0OTA4MDc
>>34
違うのだ
ユウマリとかホプユウなどと、そういう問題ではないのだ
ユウリが望んだ人と結ばれず、幸せになれず、虚な目を曇らせてゆく姿が尊いのだ
0
149. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 11:09:15 ID:E0MzkwMTY
>>34
闇好きな害獣アライグマが出没してるな。
0
36. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 04:12:10 ID:A1ODc3MjE
このルートの途中分岐で「」ウリがキスを目撃からマリィに話しかける前にソニアさんに会ってそのままユウソニに行くルートが欲しいです、最後まで闇たっぷりだったので興奮はしましたが清涼剤となる百合も必要だと思います。良ければはめふら野猿盲目もついでにあげてください(強欲の塊)
0
37. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 04:13:26 ID:AxODc4MTM
マリィに奪われた「」ウリ「さっさと告白しろっていう一点も曇りがないど正論ですわね。ぐうの音も出ませんわ。
わたしは最初から正論を求めませんわ。
正論が人をキレさせることはいくらでもありますが正論が人を救った例は有史以来一度も存在しませんわ!」
0
38. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 04:16:21 ID:g0NDY4Nzc
誰も信用も信頼もしない孤高のチャンピオンルートか
信じられるのはポケモンだけ。でもポケモンも死ぬ
死なないムゲンダイナに依存し始める。みたいな感じかな?
0
39. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 04:20:26 ID:U4NTcxMzA
こういう正統派ストロングスタイルは最近なかなか読めないからニヤニヤしっぱなしだった
マリィどうなん?って声もあるけど別にホップにユウリの悪口吹き込んだわけでもないしひたすらにアタックして告白しただけだからな
そもそもユウリがちゃんと行動しておけば起こらなかったことだしやはり女は行動力
0
49. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 04:41:57 ID:I3OTYxNDg
>>39
ちゃんと行動起こそうとして宣言したら宣言した相手に邪魔されたんだよなあ…
悪口吹き込まなくても話題避けるぐらいには狡猾だったわけで
0
172. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 16:34:32 ID:Y1MzQxOTQ
>>49
いや別に恋敵に塩を送る必要はなくない?
別の話題にするのが悪い事だとは思わないけど……?
0
40. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 04:22:28 ID:Q3NDc4MDM
???「このかカプは流行らないし流行らせない。もし流行ったら過去に戻ってもみ消す。」
0
41. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 04:24:19 ID:c1Nzc2MzY
こがたんと化したマリィは草
ムゲン団は失恋した「」ウリを慰めるためにマリィが再結成したエール団が前身だからこのルートだとひたすら修羅道だよね
なんかスタイルもヘルカイザーになってるし
0
44. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 04:37:11 ID:gxMjI3MjE
助けてマサル光はお前しかいない
0
50. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 04:43:19 ID:I3OTYxNDg
>>44
マサルくんは世界一のクソコーデ極めるのに忙しいから
0
65. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 05:56:45 ID:cxMDM4MTE
>>44
マサル君もマサル君で、チャンピオンになった場合でのホップへの感情がヤバそう
毎年ジムチャレンジの招待状出すわ、インタビューでは「ずっと待ってるやつはいるんですけどね」って仄めかすわ、話する度に今年は出れるのかって言うわ、ホップがバトルしたと聞いたら秒で電話して問い詰めるわ

だからこそホップに余裕できてジムチャレンジに参加してきて、一回戦を快勝したホップに対して、チャンピオンの観覧席で「遅いよ」って不敵に笑うチャンピオンマサル君とか考えた
0
66. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 05:56:58 ID:UxMjkwOTM
>>44
ビート君とババァっていうピンクルートなら…
0
70. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 06:49:03 ID:Q4ODM3MDY
>>66
それ最終的にビート君に先立たれたババアが曇るやつじゃん…
0
74. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:05:11 ID:U5ODE4MjE
>>70
ナチュラルにババアの方が長生きする流れほんとすき
0
45. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 04:37:58 ID:g2NzMzODI
咲いた!咲いたゾ毒の華!ムゲン団以外消し去るゾ!
0
46. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 04:38:45 ID:A4OTg0MjI
潔いまでの性癖の開示!!しかも深夜に!
俺は敬意を表する!!
0
47. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 04:40:59 ID:c1NTM3MTY
「」ウリ「そうさ…目には目を…裏切り者には……レクイエムを……」
0
48. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 04:41:24 ID:AwMTk0NDM
二人はこの後完膚なきまでに叩き潰されて慰めて絆が深まるんだ
0
54. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 05:17:02 ID:U1OTQ4MDc
信頼してた相手に告白する日付言ったらそれ狙って横取りされるの
自滅が止まらなかっただけの総帥よりよっぽどきついんだよな
総帥は自己嫌悪に陥ったけど信じてくれてる人や支えてくれる人が大勢いた
だからこそ自分が許せなくなる悪循環だったけど本物の信頼があった
「」ウリはこんな裏切り方されたらもう一生誰も信じられないよ
0
123. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 09:18:29 ID:QzNzc5MzU
>>54
総帥の場合は、みんな悪くなくて自分が一歩を踏み出せなかったから『悪いのは私…』になるんだよ。
これだと、親友のマリィにホップが好きだと伝えた上で、告白しようとした矢先にその親友に思い人を掠め取られるわけだからなぁ。

もう他人を信用しなくなって、ソニアやダンデ等周りが、突然の変化に戸惑うだろうね。
0
57. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 05:25:43 ID:c4NjQzNjQ
未だにマリィの博多弁に慣れん。
どうしてもポケスペの恋する乙女・サファイアがちらつく。
0
58. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 05:38:04 ID:AwMTk0NDM
総帥じゃないから誰も信じられないもんな
結婚式あたりで目の前で自殺して本当の意味で無敗のチャンピオンになるチャンピオン
世間体含めて一生の業を背負うポプマリ
0
61. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 05:41:40 ID:E4NzI4MDE
この怪文書上がってからホプマリが異様に増えたんだよなぁ…どっちかつうとホプマリをダシにした闇のユウマリなんだけど、改めて見てもパワーある怪文書だわ
0
62. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 05:45:32 ID:cwMDYyODM
マリィが泥棒猫の割に勝者 生々しい内面描写も合わさって、もうちょっとマリィに痛い目にあって欲しいと感じちゃう
解釈違いではありますが一冊ください
0
63. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 05:50:12 ID:UxMjkwOTM
盛る(もる)ペコじゃなく、盛る(さかる)ペコだったか…
0
67. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 05:58:24 ID:c1Njg3MDc
ネズ 「クラスの男の子に『悪タイプポケモンは悪者だ』と言われて暴力を振るったそうですね……いいですかマリィ
『悪タイプポケモン使いは決して人を傷つけてはいけません』
マリィはわかっていると思いますが悪タイプのポケモンは悪そうに見えるだけで本当は良い奴らが多いんです。ポケモン図鑑の特徴にも書いてあるでしょう?
それでも世の中には迷信や昔の考えを捨てられず悪タイプポケモンというだけで差別や迫害をする人間がいます。もし悪タイプ使いが犯罪を犯してニュースや新聞に載るようなことがあれば
『これだから悪タイプ使いは信用ならない!』
『悪タイプのポケモンなんか使ってるから非行に走るんだ!』
などと言われてしまいます
…俺も昔言われたことがあります
マリィ、気持ちはわかりますが怒らないでください
怒りは何も解決しません
彼らは間違ってはいますが彼らを責めるのはやめておいた方が良いでしょう
正直言って時間の無駄です
間違ってる人間を正したからといって自分が正しくなったわけではありません
ここで重要なのは『悪タイプ使いの評判が悪くなれば悪タイプポケモンのイメージも悪くなる』ということです
それを知って悪タイプ使いがどうするべきかマリィ、あなたならわかりますね?
…そう、『人として正しく生きる』 それが正解です
自分と出会い信じてついて来てくれた悪タイプのポケモンのためにも
まだ会ったこともないこの世界全ての悪タイプのポケモンのためにも
そのことを忘れないでください」

ネズ 「────そんなことを昔マリィに話しましたね
今では立派に悪タイプのジムリーダーとしてやっていけてるようで安心しました
………マリィ?なぜ目を合わせないのですか?」
0
159. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 12:01:13 ID:U5Mjg2MjE
>>67
これは怒られたり責められたりされるよりも刺さる
0
165. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 14:27:03 ID:c2MjM5MTk
>>67
また怪文書投下されてる…。
0
198. 名無しのあにまんch 2020年10月30日 04:13:44 ID:E3NjMxMDA
>>67
ナチュラルに言ってきてる分刺さる
0
71. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 06:50:19 ID:A3MTA2NDU
完全な偏見だけどマサルなら木陰で「良かったなぁ…ホップ…」
ユウリなら「ムゲンダイナァァァァァァァ!!」
0
75. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:05:51 ID:UxMjkwOTM
>>71
親友に裏切られたならムゲンダイナァァァァァァになるのなら仕方ないんじゃないかなって
0
122. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 09:12:33 ID:A3OTA1MDY
>>71
ユウリをマサルにしてホップとマリィを入れ替えてみよう
0
171. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 16:25:11 ID:UwNTQ1NzU
>>122
殴り合うほどの大喧嘩するけどなんだかんだで和解しそう
0
168. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 15:24:14 ID:I0Njk1MDE
>>71
マリィに片想いしてたのに彼女がホップとくっついた場合、まずホップは卑劣な真似をしないのは前提として、マサルの想いを知らないままマリィかホップのどっちかから告白する流れになると思う。
その場合マサルはモヤモヤするだろうし、とりあえず一回ホップにガチバトル仕掛けるだろうけど、ホップはマサルの想いを知ってか知らずか同じく本気で向かってくるし、ゼンリョクのバトルを通してマサルも吹っ切れるんじゃないかな。
仮にホップがマサルの想いを知って後ろめたい想いを抱いたとしても、友でありライバルであるマサルなら「もしも俺がホップの気持ちを汲んで、あのセミファイナルでわざと負けてたら、どう思う?」って問いを返して、背中を押すよ。
0
73. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:04:06 ID:UyMTMwODQ
管理人さん後日談の方はまとめないんですか?
まさかの記事分けてまとめてるんですか?
0
77. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:07:51 ID:M2NDY1Njg
「」ウリはセミファイナルでもチャンピオン戦でもわざと負けてもその後そんなことまるでなかったかのように皆の記憶から負けた戦いは消えてて勝たないと未来に進めない孤独な王者なんだから
恋敵用意しなくても曇らせることは可能なんですよ…!
0
78. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:09:30 ID:U5ODE4MjE
やだやだ!ユウマリはもっとイチャイチャしたりマリィになったりするようなやさしい世界なんだ!こんなギスギスしたユウマリ見とうない!!

…とは思うものの、シチュエーションはドチャクソ好みだし、話の流れも普通に秀逸で読む手が止まらなかった
これは大作…
0
80. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:11:09 ID:I5ODc3MTY
朝起きてここに来たらとんでもねえ怪文書がお出しされててダメだった
いいぞもっとやれ!
0
81. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:11:33 ID:gwMTQ0NDE
ふむ、ムゲンの次はこれですか。ありがとうございます
0
83. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:16:27 ID:g3ODc1NDE
マリィの手紙偽装がやばすぎる
ホップを欺けるレベルでユウリの筆跡真似できると考えると、ユウリ⇔マリィが頻回に手紙や交換日記のやりとりしてたレベルの大親友ということだよな
0
173. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 16:37:23 ID:Y1MzQxOTQ
>>83
〜って言ってたよ
まで全部マリィが書いたんだと思うけど
0
84. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:17:07 ID:c5NTAwMTM
これの続きが某所のログにあるのをお前に教える
0
99. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:54:05 ID:c1MTM2ODY
>>84
某所ってどこだっ!?
0
104. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:59:17 ID:YxNTY1MTM
>>99
虹裏じゃないの
0
158. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 12:00:25 ID:c4MzgyMzk
>>99
「」っちーの「」ウリタグの10月1日と12日にあるのをお前に教える
0
85. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:24:36 ID:c1Njg3MDc
このレベルの卑しさを持ったマリィならユウリとって最悪のタイミングでセカンドインパクト(妊娠)仕掛けてきそうだな
割とバイオレンスなユウリだしマリィの妊娠を知らず殴る蹴るの暴力を奮って→流産でホップの子を殺して完全にホップとの仲が修復不可能になってムゲンダイナァァァ!とかもあり得そう
0
91. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:41:07 ID:kwNTE1MzA
>>85
え?鬼なのかな?
0
106. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 08:03:38 ID:Y2Mzg1NTg
>>91
鬼ではない。あにまんの民だ
0
110. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 08:25:49 ID:IzMjE5OTE
>>106
そうそうあにまん民と鬼さん一緒にしたら鬼さん可哀想でしょ
0
126. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 09:23:21 ID:Q5MTcyNTU
>>110
俺は「」ウリが曇るのと、男の尊厳破壊が大好きでライナーでパンツをガビガビにする程度のあにまん民ゆえ失礼する
0
135. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 10:15:02 ID:c4MjkxNDQ
>>126
おい待てェ、失礼するんじゃねえ
女の尊厳破壊も見なくちゃならねえだろうが
0
166. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 14:57:43 ID:MwODc3NzM
>>85
さすがに自分の子供まで危険に晒すようなことはしないんじゃない?
どちらかと言うと、そのタイミングならユウリがマリィにダメージ与える為に色々吹聴したりしそう
0
87. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:31:11 ID:c4MjkxNDQ
仮にマリィがホップに会いに行かなくてもソニアルートになったかもだし、ホップの側にいる女は取り敢えず警戒しておくべきだった。
0
90. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:34:13 ID:QxNzgyNjI
前にも書かれてたけどここは下劣な記事は出さないけど業の深さはかなり凄いよね
ああところで管理人ちゃん今夜もよろしくね、無理のない範囲でいいからずっと待ってるね♡
0
160. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 12:35:09 ID:E4Njg0OTc
>>90
ただ人が増えてくに連れて下劣なコメントがチラつくようになった
0
92. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:44:24 ID:QwMDUwNzk
この世界線はおっちゃんが生きてるからきっとなんやかんやで上手いことやってくれるよ
0
93. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:45:35 ID:E2MTc5ODE
主人公ラブ以外のマリィは脳が破壊される
0
94. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:50:29 ID:Y2Mzg1NTg
これムゲン団とこれどっちが「」ウリにとってマシなルートかな。うーん。ギリギリムゲン団のほうがましか。
0
129. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 09:32:28 ID:I3OTYxNDg
>>94
例えば自分がずっと欲しいと思ってた特別な本があるとして
欲しいけど買う勇気が出ない…いつか買いたいけど…を繰り返してたらいつの間にか売り切れちゃっててショックなのがムゲン団
欲しいけど買う勇気が出ない…でもやっとお金溜まったから次の休みに買うんだ!って大親友に伝えたら、その大親友が特に連絡もなく買ってっちゃったのが「」ウリ
前者はもっと早く買っとけば…って自分の不甲斐なさへの後悔はあっても、他の誰も悪くないから周囲の手助けもあれば立ち直りようがある
後者は一番身近な人間に一番きつい裏切りされてるから一生立ち直りようがない
つまり、この記事は管理人からのメッセージなんだ。ムゲン団が曇らせの限界値だと思われちゃ困るぜというね
0
136. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 10:15:21 ID:Y5MzEzODg
>>129
でも読みたい本だったら
親友に言えば貸してもらえるかもしれないし
もしかして飽きて貰えるかもしれない。
でも、好きな人だともっと湿っぽくなって泥沼にハマる
0
100. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:54:42 ID:M0MDU1NzU
マリィは駄目だマジで駄目だ「」ウリが本気で救われなくなるじゃん!!!!!
0
101. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:55:02 ID:cwNDQ4OTI
管理人が止まらないぜ!
0
102. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:58:00 ID:c0Nzc0MTU
このユウリにはチャンピオン引き摺り下ろさらてヤケになってる最中にビート君と接点持つようになって色々発散してポップの恋をさっぱり諦めてユウビーになってほしい(歪んだ性癖)
0
108. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 08:17:33 ID:gzMzgxMDA
>>102
ピンクがどどめ色になってしまう
でもそういうのおれも好き
0
103. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 07:58:15 ID:Y2Mzg1NTg
これが逆寝取られですか
0
105. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 08:00:25 ID:YzMzk5MDQ
これが親友の姿か__

病ウリマリ派として解釈違いです。

でも、ここは抜かねば無作法ですわ(フゥー
0
107. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 08:13:14 ID:czNzU4ODk
ムゲン団の全戦力よりこの世界の「」ウリの方が強そう。
0
128. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 09:30:18 ID:QzNzc5MzU
>>107
ムゲン団『』ウリは、まだ迷いと自己嫌悪で歯止めがかかってるけど、
こっちの『』ウリは怒りと憎悪で、他者を踏みにじることに罪悪感すら抱かずにやりそう。
0
109. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 08:24:35 ID:U5ODE4MjE
取り敢えずこれ以上ユウリとマリィが曇るのは精神的に辛い耐えられないので真相を知って曇るホップが見たい…
0
111. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 08:25:54 ID:EwMDkxNDg
「」ウリがマリィコスでかためて「わたしがマリィ」するのかと思ってたけど、流石にそんな事してなかった、何年か前のコスになっちゃうし
0
112. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 08:32:08 ID:U4Nzc5ODU
これがBSSの女版
W(私の方が)
S(先に)
S(好きだったのに)
か…
修羅場は巻き込まれるのは嫌だけど見るのはいいよね
0
113. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 08:43:12 ID:AwNjE2MzA
何か違う
ムゲン団は皆優しくて誰も悪くなかったのに最悪の方向に向かってしまって優しい「」ウリまで狂って行くのが良かったのに…
0
115. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 08:53:34 ID:Y5MzEzODg
>>113
こっちはポケモンデイズで
最終回がnice boat!の世界観だから湿っぽいのにも意味が二種類ある
0
120. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 09:08:01 ID:I3OTYxNDg
>>115
そういやこれやってることまさにスクイズじゃん…世界マリィで言葉「」ウリだわ…そりゃバッドエンドしかねぇなって感じるわけだわ!
0
192. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 22:36:36 ID:I5MTc0NDE
>>120
西園寺さんが誠君の彼女に成れるわけないじゃないですか。だって、誠君の彼女は私ですよ?と言葉様はおっしゃられた。
彼女ではない「」リは、ポケモンデイズにも成れないのでは?
0
116. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 08:56:05 ID:g2MTI0NjY
思ったんですけど、ムゲン団総帥が「」ウリじゃなきゃいけない必要はないよね
例えば失恋かホップの事を忘れたくても忘れられない「」ウリがいて
その「」ウリが好きになって手を伸ばした人がいたとします
「」ウリはずっとホップが忘れられないけど、「それでもいい」と言ってくれる黒執事のマダムレッドみたいな事になるとします
まぁこれはオリジナルキャラみたいになるのかもしれんけどそれはそれとして

そんな幸せの中、「」ウリが何らかの理由で死ぬとするじゃないですか
それがホップを助けたとかだったりして、そこでなんやかんやあって、そのオリキャラが自分が「本来存在しない人」だった事を知る
要するに自分がいるのはこの世界だけで、似たような人(夢主っぽい人?)は大勢いて
なのに大事な人は自分がいてもいなくても苦しむ事を知るんですよ

で、それで何かが吹っ切れて
何かがおかしい方向に捻れて、ねじ曲がって、「自分がいてもいなくてもあの子は不幸になってしまうのか」って

そんで要約すると色んな自分と同じ「その世界にしか存在しなかった人」「存在しないから結ばれない亡くなったジムリーダーの恋人」とかそんな人を集めて

ムゲン団になる前の「」ウリを幸福にする為に、その世界にムゲンのエネルギーで向かうとかどうかなあ、て

長くなるからスレ立てたいけどワイはこのネタをどこで貼ればただしいのかわからないから代わりにやってくれ。もしくは貼るべき場所教えて
0
132. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 09:50:16 ID:A0OTg3ODE
>>116
PIXIVはどう?
0
152. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 11:29:55 ID:c4MzgyMzk
>>116
いもげ...
0
118. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 08:59:04 ID:M3NjI0MA=
この闇のホプマリルート、その後に何かあってユウネズが成立してしまったら、マリィにとってさらに恐ろしい事になるのでは?。
0
121. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 09:12:02 ID:M4NzMyMjA
マリィがホップへの好意に気づき始めてしまった時に、「私も好きになってしまった」って「」ウリに告白出来たら良かったんだろうけど、マリィは友情より恋情を優先したから、「」ウリを切り捨てたんだろうね

なんというか、マリィが情事の痕を見せつけるシーンへの嫌悪感がすごい。すごい気持ちが悪いんだけどなんでだろ
0
150. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 11:18:44 ID:E0MzkwMTY
>>121
マウント行為って奴だな。気持ちの悪さは、理性ある人間が猿のように喚き合い野生の戦いを演じていることからくる生理的な不安だろうか。自分なんかはついうっかり口角が上がってしまうのだが。
0
164. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 14:18:02 ID:M4NDUxODk
>>121
「ホップの好意」って言う目に見えないモノを「情事の跡」って言う生々しい物で見せつけようとしてるからかな?
「本気だから関係を持った」と言える半面、「関係を持ったんだから本気だ」とも言える訳で、体を使って繋ぎ止めたと考えちゃうとそういう手段を使ったマリィもそれに絆されちゃってるホップも貶められてるように感じちゃうからとか
0
185. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 19:16:47 ID:I3OTYxNDg
>>121
友情切り捨てるにしても、正々堂々とあんたは恋敵!もう親友じゃなか!って宣戦布告できてれば「」ウリも曇らなかったんだろうけどね
どうせ嘘つくなら、あたしだってずっと前から好きだった!幼馴染のあんたに遠慮させられてた!って言えば、「」ウリに負い目感じさせることさえできた
本当はいつから好きだったかなんて確認しようがないしな!
どうやったって友情崩壊は避けられないのに、中途半端に対応避けた結果がこれよ
そういう意味じゃ「」ウリよりマリィのほうが何もしなかった結果何も得られなかった自滅総帥に近いな
0
124. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 09:22:02 ID:AwMTE1MDA
この後も盛大に拗れて、最終的に「」ウリの動向をマリィが全く掴めなくなって、罪悪感とかに苛まれ続けて散々メンタル苦しみ続けたのに、肝心の「」ウリは普通に他の誰かと結婚してて幸せな家庭を築いていたりしたらどうなるんだろ。
あんだけ拗れたくせに、「」ウリはホップではない人と普通の恋愛して拗れることなく幸せをつかんでいる。
マリィは罪悪感のせいで、幸せなはずなのにずっと息苦しくて、「」ウリはマリィとのことなんて何も無かったように幸せにしてたら、きっとほっと安堵するんだろうけど、それでまた一悶着あって欲しいな

「」ウリに幸せになって欲しいんだけど、それ同時にもっとマリィに苦しんで欲しいとも思うんだ
0
169. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 15:56:28 ID:Y3NTk3Njc
>>124
ホップじゃない男の隣で幸せそうにしてる「」ウリを見てモヤモヤした後に自分の心の醜さに気づいて絶望してほしい
0
127. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 09:28:41 ID:UzMzM2Njg
何なんだ⁉このSSは!僕のデータにないぞ!
0
134. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 10:10:11 ID:A0MTMxODg
>>127
常にデータのないメガネみたいな文章してんな
0
139. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 10:29:02 ID:Y5MzEzODg
心のモヤモヤに我慢できずpixivでホプマリとマリホプを検索してまだ毒されていない世界で少し気分が腫れた。
なお、題名に光の方という絵があり、じゃあ闇の方はと思いついてしまう壊れた脳。
なお、ユウマリで18を含んで検索するとちょっと引く
0
141. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 10:30:37 ID:YwMjk1Mzc
この後ジムチャレンジを勝ち抜いたホップと「」ウリが戦うことになってそしたら今の叩き潰すような戦い方じゃなくて昔の純粋にバトルを楽しんでた頃みたいな戦いを自然と「」ウリがするんだ
観客とかダンデとかもこれは昔のチャンピオンの戦い方だなあと感じ取れるようなバトルで「」ウリも何年かぶりにバトルを楽しいと感じていつの間にか笑ってるんだ
それで大熱戦の末勝った「」ウリにホップがすごく楽しい勝負だったって話しかけてポケモンバトルの楽しさを思い出しかけたところで同棲の話聞いて完全に闇落ちする「」ウリが見たいです!
0
143. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 10:39:50 ID:Y5MzEzODg
>>141
イベントフラグ「子供ができたんだ」「今度結婚するんだ」「新居に遊びにきてよ」「子供にポケモンバトルを教えてやってほしい」
0
144. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 10:46:49 ID:gyNTkxMTk
罪を生む男、ホップ。
0
145. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 10:49:06 ID:Y5MzEzODg
マリィの名言(公式では確認されていないけど、行間で言ったよ派
「泥棒ってのは、『人のモノを』盗ったやつたい――――ホップがあんたのモノだったことなんて一度だってなか」
0
151. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 11:23:19 ID:QxNTI2MTY
この後ホップに気づかれず睡姦してマリィにだけ伝えて妊娠エンドという後日談はまとめないんですか?
0
154. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 11:37:35 ID:QxMDM1OTk
今度はホプマリかぁ節操ねえな!
と思って読んだら思ったホプマリと違った
いつも通りのあにまんchさんだった
ホップ君にはガラル民全員分のルート期待してます
0
156. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 11:52:41 ID:I5MDk4MDc
うんこれホップ、マリィどちらが挑戦者になっても相手ポケモンごと消し炭にされる奴だ・・・
0
161. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 13:01:22 ID:c4NjA4NTU
ピンクが足りないねぇ!
0
177. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 17:29:05 ID:Y5MzEzODg
>>161
ピンクにもいろいろなピンクがあって
赤と白が混じった時のピンクや肌色の下にあるピンクとか
0
167. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 15:03:56 ID:E0OTA4MDc
ユウリは曇ってる時がいちばん輝いてると思います
0
170. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 16:05:44 ID:gwNjk3Mjc
これ長いなどれだけあるんだと思ったら1 / 7でダイソウゲン
0
174. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 16:39:40 ID:Y1MzQxOTQ
最初から自分で行けばよかったのに……としか思えない
0
175. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 16:43:42 ID:I2MDM0NDE
うーんこの作品は知ってたけどちゃんと作者さんが支部にも上げてるし丸ごと乗っけてほしくはなかったかな……
0
178. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 17:31:00 ID:AwOTc2MjI
負け犬負け犬敗北者!男を盗られた敗北者!
0
179. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 18:39:14 ID:YzOTY1OTE
ボロ泣きしてしまった。
なのにめちゃくちゃ興奮してる。
なんなんこれは…この気持ちは…
0
180. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 18:52:38 ID:Q0NTI5MzI
オリーブ助けて、ピンクババアでも誰でもいいから!
女性の味方がいない!
0
181. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 18:53:00 ID:Q1OTUxNTU
おっちゃんと...マサルくんはこの次元にはいないの?
癒しがこの子達とピンク師弟しか居ないんだ
弱いオタク(マサマリホプユウ推し)には辛い内容だったけど全部読んだよ...。恐ろしい程にユウリちゃんは曇らせが似合うね
0
182. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 18:54:16 ID:kzMjEzMDI
全くシチュエーション違うけどユウリとマリィが喧嘩してるシーンで何故か青くて痛くて脆いの終盤思い出したよ
0
183. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 18:56:14 ID:Q0NTI5MzI
関係ない話でごめん。
読んでたら物語シリーズのメインヒロイン関係を思い出した。
バサ姉とヶ原さんは本当によく仲睦まじくやってるよ。
え、未来?知らんな。
0
184. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 19:11:06 ID:c0ODY1NDI
超大作だった、読んでてすごく胸が苦しかった
0
187. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 20:13:29 ID:gyMzMyNTE
ラストの能面ユウリのシーンカロリー高すぎて死ぬかと思った
見えなかった表情が急に見える演出は悪い意味で心臓に来る…
0
189. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 21:58:59 ID:UyMzIwNTY
幼なじみのちょっと田舎っぽくて可愛らしいチャンピオンとおしゃれお姉さん博士と方言クール美少女ジムリーダーとかヒロインに恵まれてホップくんは羨ましいなぁ…
0
190. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 22:05:16 ID:AyNzY4MjE
実際ホップとマリィはお似合いだと思うんだよなぁ...
エール団に対しての反応なんて
普通ちょっと引くか返答に困るもんなのに
もうファンがついてるなんてすごいって120点満点の返答が
出来るのがほんとカッコいいと思った。
マリィも笑ってたし何よりホップの器が広すぎビビったぞ
正直プレイしてる時は男主人公よりも
全然フラグ立ってるなって感じたわ
0
191. 名無しのあにまんch 2020年10月23日 22:25:15 ID:AxODc4MTM
N周目の「」ウリ「ソニアはダンデとデートさせ、マリィにはお願い事はしなかった。遠征帰りに告白すればわたしに大勝利。もう少しで研究所に着くけどわたしは疲れていない。万生の一勝負。」
しかし、研究所の前にいたホップの隣にいたのは

つ褐色娘
 空手娘
 秘書
 氷の人妻
 ピンク
0
195. 名無しのあにまんch 2020年10月24日 15:53:46 ID:M2ODcwNA=
ここ数日…というかここの記事で「ホプマリ…そういうのもあるのか」って存在を認知したレベルだけどポケモン剣盾カップリングで一番ってくらいこのカップリング好きになっちゃったかもしれないまあここの記事のユウリマリィのドロドロも含めてみたいなとこあるけど好きだからもっと増えて…増えて…(ニチャア  
なんなら俺が書(描)いてやるぅ!ついてこいお前らぁ
0
196. 名無しのあにまんch 2020年10月24日 22:24:59 ID:gyNjMzNjA
>>195
ユウリがいい感じに曇ったら見せてねよろしく
0
199. 名無しのあにまんch 2020年11月06日 11:34:59 ID:AxMzQwNjg
いいなああああ……! いいなあああ……! 特に中盤のさあああ……! ユウリがキレちらかすところとかなああああ……!
0
200. 名無しのあにまんch 2020年11月23日 21:41:02 ID:E3MDI4NTc
「」ウリの覚悟が決まってるなら、二人の子供が出来て旅に出たタイミングからピッタリくっついて、それとなく自分の失恋話としてどんどん吹き込んで、最後にネタバラシする迂回復讐ルートが出来るぞ
0

このサイトはCPネタや二次創作ネタがあるので苦手な方はブラウザバックをお願いします
また荒らし、誹謗中傷、強い言葉を使ったキャラ叩き、コピペ、他サイトの名出し、差別、レッテル貼り、売上叩き、他作品の比較dis、ネタバレ、URL張り、ジャンプ掲載順位煽り、記事内容と関係ないdisコメントは削除します
海外の反応記事にある日付と時間は時差の関係でアメリカ時間から13時間前の時間を表示しています
反論や批判はマイルドに
荒らしは無視でお願いします
また同じ単語の繰り返すだけのコメントは自動的にスパム判定されてしまうので注意してください
荒らし報告や巻き添え規制を受けた方はメールフォームから連絡をください 場所はコメント下にあります(スマホ版)