漫画の女の子「異世界なのになんで日本語が通じるの?」

    1:名無しのあにまんchさん 2018/09/19 12:42:26
    e5ec4d97bc7d9cb6b7c4dcad132f1117

    魔法の力とか…
    2:名無しのあにまんchさん 2018/09/19 12:43:27
    ネバーエンディングストーリーとかも英語で通じてるし暗黙の了解
    ちゃんと通訳魔法とか設定してる作品もあるけど
    4:名無しのあにまんchさん 2018/09/19 12:43:48
    最近のディズニー映画だと作中の看板全部上映国の言語に変えられてるじゃん
    あれと同じだよ
    5:名無しのあにまんchさん 2018/09/19 12:44:37
    異世界と思ってたけど実は未来の世界だった
    6:名無しのあにまんchさん 2018/09/19 12:45:11
    日本にも英語の看板いっぱいあるし…
    7:名無しのあにまんchさん 2018/09/19 12:45:18
    メートル法が通用する
    9:名無しのあにまんchさん 2018/09/19 12:46:23
    日本語じゃなくて地球の言語への翻訳魔法っていう感じなのかね
    それとも本人が知ってる類似語とかになるとか……それだと知らない単語出てきたとき適用されないか
    12:名無しのあにまんchさん 2018/09/19 12:53:29
    どんな言語を使ってても世界共通語で出力されるようになってるんだよ
    地球もアホがバベルの塔作るまではそうだった
    20:名無しのあにまんchさん 2018/09/19 13:10:28
    過去の転生者が偉くなった時広めたってのは一番手っ取り早くて納得できる理屈だと思う
    21:名無しのあにまんchさん 2018/09/19 13:11:21
    異世界はバベルの塔的な物が建っても壊されなかった設定で行こう
    23:名無しのあにまんchさん 2018/09/19 13:12:19
    そこで本編にも深く関わる展開を開示できるならいいけど
    特に意味ないならテンポ悪くなるだけだし…
    36:名無しのあにまんchさん 2018/09/19 13:19:04
    >>23
    とにかくそれだよね特にラノベ
    主人公が無双してハーレム築くところが見たい本に
    小難しい理屈や分かりにくい要素は邪魔
    もちろん後者に主眼を置いた作品はそれはそれで大好きだけど
    42:名無しのあにまんchさん 2018/09/19 13:20:45
    魔法があるわけだし口パクパクしてるだけでテレパシーで会話してる説
    53:名無しのあにまんchさん 2018/09/19 13:22:03
    ワンピースでも何か読者に言われてたけどどう返してたっけか
    63:名無しのあにまんchさん 2018/09/19 13:23:58
    異世界に限らず日本のアニメだと外人も宇宙人も大体日本語喋ってる…
    70:名無しのあにまんchさん 2018/09/19 13:24:43
    >>63
    まぁそこは日本に限らず海外作品も一緒だし
    72:名無しのあにまんchさん 2018/09/19 13:25:21
    フェイトゼロなんかはアニメだと日本語喋ってるけど実際はほぼ全員英語とか外国語喋っているという…
    88:名無しのあにまんchさん 2018/09/19 13:27:08
    >>72
    まぁクール教以外は海外で活動してたとか外人とかばっかだもんね
    91:名無しのあにまんchさん 2018/09/19 13:27:30
    現実逃避話に細かい事なんかどうでもいいんだよ
    って作家のひとがゆってた
    google+ はてブ
    feedlyでフォロー

    コメント一覧

    • 1 名無しのあにまんchさん 2018年09月23日 10:08 返信する
      彼方からのヒロインは勉強して異世界の言葉覚えるとこからスタートだぞ
    コメントはこちら
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    Twitter プロフィール
    アニメ、漫画、ゲームに関する情報を集めたサイトです。 フォロー返しします。RTしていただけると嬉しいです。 よろしくおねがいします。
    カテゴリ別アーカイブ
    T S h